ヒーリング・プラネット vol.6

どうもこんにちは!天丼です。10月に入ると、すっかり、秋めいてきました。紅葉も始まり、木も綺麗になって、冬じたくです。葉っぱがなくなったら、寒いのではと思ってしまいますが、そうでもないようですよね。

葉っぱの一枚一枚を拝見しても、いかに細かく、一枚一枚が違って個性があるか、驚かされます。同じものなど、ないのでしょうか。双子でも、違って育ちますね。もし、神様・仏様というのがいらっしゃって、世の中のものなどを作ったりしたのなら、いったい、なぜ、違いを与えたのですか、そう、伺いたいです。

人間は自分と同じだと、ほっとしたり、安心したりします。そうして、自分と違うものを嫌ったり、見下げたりします。なぜ、わざわざ、そういった原因を、作るのでしょうか。しかし考えてみれば、たとえば、動物など、違うから、お互いが生かされているのです。生態です。違ったり、嫌ったり、見下げているから、世の中は、生きているのです。その、神様・仏様の作られた、原因のおかげなのか、生命は死ぬ事がありません。今回は不思議でしたね。良いものも悪いものも命です。ありがとうございました。(2020年10月12日筆記)

イラスト・リラックマ・「すきやき」