日記


2021年3月31日(水曜日) 連載ミニ・小説です

 モウファスはそう言って、説明を始めた。
「世の中には人間・動物・草木などの生命がありますね。
これらは、全て仲間で集合体なのです。
そしてそれらに共通する意識が、仏様なのです。
生命が体、仏様が心と言えば良いでしょうか。」
最初から異教の事なので分かり辛かったが、何とか理解して先を聞いてみる。
「どこでそれを感じるの?仏様を感じるには、どうしたら良いわけ?」
モウファスは答えた。
「それは意識する事です。
意識する事が存在するという事、つまりあるという事です。
目に見えるとかそういう段階まで落とす必要はありません。
実体のあるものではないからです。」
それではキツネに摘まれたような気分だ。
モウファスは続けた。
「あるという事を信じる事が信仰です。
これが本気になると、他の何よりも強いのです。」
これもにわかには信じがたい話だ。アレクスはまた質問した。
「そういうのを感じるようになるとかはあるの?
予言とか、神秘的な事って時々起こるじゃないか。
まあその、また、目に見えるっていう話になるけどさ。」
モウファスは言葉に詰まった。
「それは私にも起こった事がありません。だから答えられませんが。
感じるというのは体があるからできる事です。
しかし体には個体差があります。
ここから、差が生じるのかもしれませんね。」
モウファスの話は興味深かった。
また、生きて帰れたら勉強してみようか。アレクスはそう思っていた。

続ダンジョンマスター、第65回目です。
信仰力かなあ。
思い込む力が、ある意味、鉄よりも強いのは、いわずと知れたお話ですが。
しかも時間を越えて、繋がったりしますよね。遺志を継ぐものにより。

サタケの、災害用保存食です。
今回は「根菜ご飯」ですね。薬膳っぽいですね。
中身を開けてみると、乾燥した、シイタケやニンジン・レンコンなどが、入っています。
しょうゆっぽい香りが、そそりますね!お湯で戻して、頂きま〜すっ。
薄味で美味しいですね。
コレをご飯にして、主食に缶詰など頂くと良いかも。
女性なら、朝ご飯や、お昼ご飯に良いかもしれません。
災害時にはしょうゆ味は嬉しそうですよ。

アースさんの、預言です。
茨城県中心の、小学校ですが。
子どもを狙った切りつけ事件が、発生する、恐れがあると、警告され。
数件起こるとのことで、早い段階で防げる、パトロールして欲しい、とか。恐いですけれども。


2021年3月28日(日曜日) お返事には切手が一枚ついていましたよ

 今週のたろっと占いですよ。
先週の世の中はならずもの暗躍、でしたか。私は、分かりません!
さて、今週の世界のキーワードです。
でたのは、審判の逆位置でした。
ものすごく厳しく、痛みのある審判ですね。コレが起こると一国が追いこまれる程ですが、逆位置なので、頓挫を現わします。計画は頓挫します。
コレに従えば、吊られた男の逆位置でした。
動けない、です。じりじり、審判があって、罪悪感に、締め付けられます。これはある程度耐えるしかなく、動かなければ動かない程に、楽になります。経済の不安定化も、懸念です。
従わなければ、魔術師の正位置でした。
新しいものを、創造するパワーに、恵まれますね。コレは審判に従わないというよりも、審判からもれた罪のない方々ですね。閃きを形にしましょう。
さて、今週の人です。
でたのは、女教皇の正位置でした。
賢い女性、または母です。子どもにとって良い母であって、よく教えます。自然にしていたら、子どもの欲求が分かるため、子どものいる場所で活躍します。
一応、裁きではなく、頓挫です。
計画は流れて、良いものでなければ終わります。

 お線香メーカーの、ルミナラについて、問い合わせてみた件で。
結局、お手紙で、返信用封筒をつけて。投函してみた、です。
しばらく、こない間があって。
ちゃんと、返信用封筒で、返ってきたのですが。
どうもルミナラは、輸入のもので。
故障しても保障はあるけれども、直してはくれない、らしくて。
新しいの買えということで・・・。
新品、あるけれども、古いのもまだ、かろうじて使えるしね。
コレ、リサイクルも、無理そうだし。
本気で壊れるまでは、使ってみようかな。勿体ないしね。

精神障害者の、入所施設では、虐待などがたまに、起こりますが。
たまたま、拝見した、新聞記事。
相当、危険なことを、しているところがある、です。
おちおち、入所できないです。
困ったな、将来、独立するため、グループホームを、狙っていたのですが。
このような犯罪クラスのことを、平然とやっているなど。何とも恐ろしいですね。

アドナイさんいわく。
なぜ、緊急事態宣言を前倒し的に、解除をさせたのに。人が、どこでも、混雑しているのか。
簡単な約束を守れないなら、私も、お前達を守らない、そう、おっしゃって。
み力は消しておいてくれと。そう、なりそうです。

アドナイさん「全く。お前達は、どうしてそう、自殺行為をするのかな。感染者が増えているのが分かるかな?一人一人が先手を打たないといけないぞ。もう一度、いっておくが。今は、ある意味、戦争状態だぞ。じわじわ、滅ぼされたいのか。どうせ増えないから、ちょっと、花見だけでも、それが自殺行為なのだ。通り過ぎるだけにしろ。騒ぎは家でゆっくりと、するが良いさ」。

どうも精神科病院ですが。
また、ニュースが載っており。感染症の、感染率が、かなり高いらしく。
転院ができないから、死亡率も、高いとか。
そもそも、なぜ、感染するのか、分かりません。患者さんは基本的に外出できず、ずっと病院に、いるからです。
とにかく、こういうことなど、社会に発信していかないと、いけないのか。なぜかな。

要するに、社会的立場ですね。
家族に疎遠にされた、精神障害者の場合、そういう場所に入所しても、淋しさは募るでしょう。
その中で、こういった事件が、起こって。世間様の、ご理解も、得られないとなると。
まあ、人間不信になるのですよね。
それで犯罪行為に、手を染める方もいらっしゃるのかと。
でも、大抵はそういった、ことはありません。基本的に、精神障害者が、我慢です。
確かに精神障害者の方って、少し、破天荒なところが、あるときもありますが。
大抵は本人の、我慢なのです。まあ、中には悪い方、いるけれども。

しかしこぴっくのバリオスインクは、減らないなあ!
先日、減ってきた色を買い足して。
こぴっくインクですが、こぴっくの扱いが多い、買えるお店があって、良さそうです。
本当のところ、あんまり、減らないので、買い足さなくても、良いのですね。
50歳くらいまでは、描けるかなあ、考えても、それくらいですし。他の画材、ありますしね。
二年程ずっと描いて、ここまで、減らないなら。やはり買い足しは、必要なさそうです(汗)。

ガブリエル「さて、一年です」。
何がです?
ガブリエル「みんなの輪作品展がなくなって、からです。それから、どうなりましたか」。
まあ、福祉施設の他のメンバーさんが、またやりたいって、おっしゃって。お任せしているのだよ?
ガブリエル「この一年、更に、今までは。本当に責めつけられましたよね、あなたは。自分で考えた作品展を、他の方に、お譲りしてからは、楽ですか」。
まあ、別に、皆のものだしなあ。自分一人でやれるものじゃない。
ガブリエル「精神障害者には社会啓発活動が、必要です。実のところ恐ろしい程、周りの理解がありませんし、全く、先がみえないです」。
いや、それはもう引き継いでもらって・・・。それで上手く、いくのではないのかな。
ガブリエル「あなたは、どういった精神状態で、長く、作品展を引き受けましたか?」。
そりゃあ、全力だよ。
ガブリエル「あなたは、実は、健常者なのですね。でも、精神障害者に、そのような持続的なパワーがありますか。倒れてしまうとは、考えないでしょうかね。実現途中など・・・」。
それはないのでは。私にやれるのだからね。
ガブリエル「いつになれば、ご連絡があるのか。それでは、待っていましょう。三ヶ月ですか?それとも、一年?それとも、十年?」。
い・・・、いや、失礼なこといわないで下さいよ。大丈夫ですよ。

ガブリエル「あなたは、この十年、実は、精神障害者並、でしたね。体力や精神力・生活・困窮具合まで。あえて食い尽くして、そうしました。どうでしたか」。
まあ、やれるところまでは、やったつもりだよ。
ガブリエル「もし、元に戻ったら、どうしますか?また、自転車に乗る?」。
介護が先かな。
ガブリエル「それでは、お母様が、いなくなれば。どうしますか」。
それなら、福祉施設、通えるな。
ガブリエル「でも実は、体力・精神力が戻れば大丈夫です。どうです、介護しながら、社会啓発活動など。今の、いわれてやっておられる方とは、根性が違うと、思います。では、元に戻しますので」。
皆が、認めてくれるかどうか、なのだよなあ。今の方で、十分じゃない?

アースさん「う〜ん・・・、実はねえ。君に、何回もガブリエル君が、そういうのも。もう、計画が倒れそうだから、なのだね」。
ええーっ!?だってこの数ヶ月前に・・・。
アースさん「だよねえ。作品展を、本にするっていっておいて、何ですが。この、感染症に加え、あまりしたことのない作業、責任。ご病気が、悪くなっていなければ、良いのですが・・・」。
まあ、責任は大変だなあ。
アースさん「もう、恐れ入りましたってなっていたらどうします?それでなのですよ」。
それは確認してみないと分からない、です。いや、大丈夫だって。

何となく、思ったことがあって。
ここ何年。K君やM君や空さんの、志を受け継いできましたが。
もし、自分がそういう立場になったら、本当に嬉しいかなって、思い。
きっとご迷惑をかけたくないと、思うのですね。
もう、自由にやろう。そう、決心して。
長いこと、自分を見守ってくれて、どうもありがとう!

何だかこのような、結末で悪いですが!
先日からの神の雷発言。その後に、また、ゆめだよりが、届き。
また、その方が、人を裁いていたのです。
しかもまた無関係な人です。恐らく無差別的な・・・。
これは違うな、など思い。
被災地に、特別な思いがあって、批判したわけではなく、ムシャクシャしている、のですね。
それによって、ガブリエルさんがおっしゃたことも、無関係ですね。私を庇った訳ではなく、です。
ガブリエル「すみませんね、その通りです。咎めだったのです」。
結局、それで済ますのか・・・、とほほほ。
被災地の方々には、関係ないことです、ご迷惑をおかけ致しました。お詫びします。

アースさん「あと一つ、いっておきたいことがあるんだ。小さい頃から、君をいじめた子が、そういう子ではないと、いっていたが。実は、そういう子なのだ。つまり君をいじめたのはそういう子。分かるかなあ」。
ありゃあーっ!?
アースさん「黙っていてゴメン。本当にゴメン。それだから君に罪はないのだね。僕達のいう通りに、悪いこともたくさんするのだよ。でも、君は、報復はしないのだろう?」。
しないと思うなあ。
アースさん「それで良いと思うな。君は、静かにしていると、良い。では」。
ひょうたんからコマかなあ?表現違う?

アースさん「これまで、君をいじめたり裏切ったりした、そういう子は、多い。それは何でだろう。それはね、そういう子の裏の気持ちまで知って、もっと良くお付き合いして、欲しいからなのだ。普通の方だと、良い表面すらみないで、去ってしまう。君は、ダークサイドをよく知っている、詳しい人間なのだ。お付き合いの、深さが違うのだね。作品展を、取り仕切っていく人は、それくらい知っておいたほうが良い。僕は、この、作品展を、社会啓発活動を大きくしたいからね。君に、頑張ってもらいたいからはっぱをかけたのだ。どうか許して欲しい」。

ガブリエル「要するに、あなたは、そういう子よりも下に、置かれたのですね。もう、元に戻りましたが、下の状態だと、そういう子は、あなたを嘲って笑っていた。普通の方々と変わらず、汚いことを繰り返して、いたのですね。そういう子が、一人でも、あなたと同じような身の上になって、一緒にお話を、聞いてやったなら・・・。ただ、かなり酷かったので、それなりのものを、覚悟して、おいたほうが、良いです。上のものは下のような顔をして、くることもあるのです。普段から、どういった顔をしているかのテスト、だったのです」。

つまりどういうこと?
アースさん「ごめんね、皆さんにも謝るよ。つまりこれからの時代、ちょっと、意識的な、改革が起こる、前兆があって・・・」。
意識的な改革?思想が変わる?
アースさん「そうです。そのことで以前から悪霊と、話し合いがあって。僕達はまずテストをおこなって、確かめてからにしようといった。時間を稼いで、できれば、今のまま、意識改革もなしで、いくつもりで。その、意識改革が起こるとちょっぴり・・・、貧しい方々が、追い込まれそうなんだ」。
以前、ちょっと、ここでも。
アースさん「そう、そうなのだね。それで君を試験に使うことになって、頑張ってもらったのだけれども、まあ、悪霊のせいもあって、赤点だったのだね。僕は、何が起こるかまではいわないが、作品展でもまた頑張らないかい。僕は、貧しい方々が、追い込まれるのは、みたくないよ」。
つまり近いうちに、新しい思想でもうまれると・・・。

ガブリエル「つまり戦前の、意識に近いかもしれません。まず、美徳、みたいなものがあって、それに反すると違反行為のようなですね」。
ルールを守る、悪霊の世界かなあ?
ガブリエル「まさしく、です。段々、そうなっていっているのが、分かりますか?人間の価値は下がりますし、自由が奪われます。咎め・身代わりで対抗してきましたが、それも奪われ、仕方なく、なのです。ところで、あなたのお母様ですが」。
はい。
ガブリエル「彼女はもう本当は、この世にはいませんね。もしかしたら、近いうちにお体も、この世から奪うかもしれません。あなたに、もっと行動を起こしてもらうためにです」。
確かに最近母は体調が、悪いときがあるしなあ・・・。

よく、こんなに、ずらずら、書けるものだ、本当。
今までに、咎めを消すとかやめるとか、散々、聞いてきましたが。
一切、そういうことはないのです。全て、インチキ、なのです。
神様達というより、やはり悪魔のようです。
責任を持って、辞めたいといっても聞かないし、嘘ばかりつくので。
ここは閉鎖しておいて、近づかないようにしますね。どうもありがとう。

最後に一つだけ気になっているのが。
咎めのことなのですね。何なのか、など。
身代わり、というし、まあ、そうなのでしょう。
辞書でひくと、贖罪とあるのですね。罪滅ぼし、とか。
代わりのものを与えて、罪と引き換え、みたいな。
キリストのことも、書いてあって。
何か、どうも嫌な予感が、するのですね。私が、本物の神様だったらどうしよう、など。
これだけ書いておいて、閉鎖しておきます。私が本物だったら、嘘ではないのでね。

ガブリエル「本物の証拠が、あります」。
嘘つくな、私は、ちょっと変わった、本物の人間ですよ。
ガブリエル「あなたは、いつも迷惑をかけられながらも、そういう子などに、目をかけています。そういう子などが、たゆまずにいるか、いつも見張っている。むしろ悪であると、認めているのに教師であろうとして、いつも失敗している。普通の人間は、まず、そういう子には目をかけないし、悪に落ちたら、楽しむくらいのことは、しますよ。そういう子が悪であることが許せないという、感覚がすでに、神なのですね。嫌われていないと、思います」。
私は、ここを閉めるという約束を、守りたいのですね。
ガブリエル「イラスト好きの方々を、裏切りたくないのでしたら、やるべきです」。
はあ・・・。

アースさんの、預言です。
演歌歌手の氷川さんですが、人気絶好調ですが。
下手をすると、近日、交通事故に遭いそうですね。一ヶ月くらい注意すれば大丈夫です。
なるべく、車に乗らない、など、気をつけて下さい。母も、一ファンです。

それでは、今週も疲れない程度張り切って参りましょう!


2021年3月26日(金曜日) たとえ一本420円くらいでも(こぴっく)!

 いつもの、探しものをする通販の文具屋さんで、また、発見。
「マイルドライナー」というペンですね。
ラインをひくもの、細かいところはまだ分からない、そういう、感じです。
色ペンですが、線が細くなさそうです。
こぴっくみたいな、ものなのかな?お値段が、それっぽくないですが。
安いお店ですが元々が、安いらしくて。千円くらいで、かなり揃いましたね。
気になり買い、よく分からないですが、ちょっと、挑戦です。
これなら、左利きでも使えるはずだと。

というよりも、こぴっく系で、かなり新製品、でてますよね。
百円均一などでも、あります。
デパートの文房具屋さんにもありましたしね。
ちゃんとしたマーカー系でもありますし、画材屋さんで、別に、取り扱うものもありますね。
まあ、アルコール系マーカー、浸透したものです。
私が子どもの頃は、こぴっくというのは何というか、まさに画期的な商品で。
使いかたが全く分からないという難点も、ありましたね。
特にこぴっくは色選びが上手い方に、オススメです。色が、多いですしね。
色使いにセンスがある方が、使うと良いですね。
ただまあ、アルコール系、技術力で、人を選ぶ面があるので。百円均一のは、練習用なのかなと。

 今回のイラストは、ドラゴンクエストのスライムです。
何だかんだいって、増えていくのだった!
しかしカラフルだな。お菓子の、ポイフルみたいな。
左フレームの、イラスト3よりご覧下さい!

アドナイさん「まあ、今までは、色々とお前に、耐えてもらったが。実は、あまり楽しめない状況、というのは皆も分かっただろうしな。別に、ここは放置しておいても良いし、今回、私がいいたいのは、この世の終わりがくるとな、多くのキリスト教徒・貧しい人・そういう子が連れていかれて、従わされると、いうことだな。彼らは冷たくて氷のようだから、気をつけておけよ」。

多くのものが、従わされるのですか?
アドナイさん「そうだな。でも、お前が咎め・身代わりをして、皆を遊ばせて適度に堕落させて、彼らに嫌われるように、しておいたからな。多分、ほとんど、免れるのじゃないかな」。
脅かさないで下さいよ!彼らは正義感が強くて、節度ある方が、大好きなのだそうです。

ガブリエル「基本的に、あなたの、み力でお守りできますよね」。
はあ。
ガブリエル「でも、眠っている間がお留守なのです。それなのでですね・・・」。
み力を眠っている間に、だせるようにする、契約?
ガブリエル「コレで臨時咎め・身代わりは、減らせるかと」。
咎め・身代わりなし、本気でやるわけね。

考えてみれば、母との思い出もたくさんあって。
カプチーノが、でてきた頃に。
買ってこようという、お話になって。買ったのです。
母は、コーヒーの機械を買うくらいに、コーヒーが好きで。
私は、一度も自分で、使ったことがないのですが。
でも母が、コーヒーを飲むと、お腹を下すのです。とにかく、お腹が弱くて。
今は、そういうこともなくなって、飲んでいますけれども。あれはガブリエルさんだと。
いつかは、そういったことも、なくなり。本当の母のことを、思い出すのでしょうね。

アースさん「何だかさ〜っ、聞いて聞いて!」。
何だよー、もう、更新しなくても良いじゃないか、今日は終わり。
アースさん「何かねぇ、このサイトが、裏で、有名になって、いるらしくて」。
ええーっ!困るなあ!さっさと、閉めたいのに。
アースさん「預言とか、ちょっと、ヤバイよねぇ。当たっている、ときもあるし。でも、君の、正式なお仕事じゃないかな?しかもずっと、亡くなるまで、預言者は預言者ですよ」。
うう、ナゼ、このようなことに・・・。
アースさん「お仕事は、ちゃんと、しなさい。そう、お仕事はちゃんと、しているのですね。それだからちょっぴり、コミュニティ・チラシなども、次を考えてですね。配布してはと」。
まだ、早いじゃない。次の、ショート・ステイのときで良いよ。

もう、今日は終わりだって、いっているじゃないですか。
アドナイさん「まあ、なあ。お前は母親がいない子どもに母親ができたら、どういった反応を、すると思うか?」。
まあ、喜ぶのかなあ・・・。
アドナイさん「多分、離したくない、だろうな。時々、子どもとして、甘えたくなるだろう。しかもそれは、とんでもない、善行でな。母親は相当な、報酬を受けるだろう」。
コレ、何のお話・・・?
アドナイさん「まあ、ここは続けていなさい。あと、コミュニティ・チラシは、40部だがな、百人くらいは、みていると思うぞ。ここのこともあるし」。
??

だからもう今日は、終わりだって。
アドナイさん「三度目の、正直だな。それだからいっておく、たとえば、一つの児童養護施設に、二千人くらい、子どもが、いるとするだろう?」。
そんなに、収容できないです(汗)、普通。
アドナイさん「お前はこの六年間、母親がいなくなってどうだった・・・?」。
まあ、後悔はありましたね。仲直りしておけばと思って。
アドナイさん「お前の母親は、実は、いま、介護を受けている、真っ最中なのだな。つまり死んでいない、のだ」。
ええーっ!
アドナイさん「もう、親孝行はとっくに済んだが、必要だろ?家に、家事ができる奴が。まあ、そこでだがな、空いた時間は、何でもできるわけだ。母親がいない、辛さも知っていて、世話ができる」。
ちょっと、待て。何となく、嫌な予感・・・。
アドナイさん「金も少し余っていて使いたいが、使う先もない。そうだな、まあ、今の生活を続けて、咎め・身代わりがなくなれば、どれだけヒマとか、考えてみろよ。その生活がきているぞ。ほら、どうする、手紙でも書くのか。それなら、被災地も忘れるな。じゃあな」。
何か、嫌な予感がするよ。子どもが、二千人の、児童養護施設〜っ・・・?

どうでも、良いのですが。
アドナイさんがおっしゃった通りに、咎め・身代わりがなくなれば。
どれだけヒマとか、時間、とんでも、ないのですね。
だってずっと、背中から、押し付けられるような、感じでしたし。動けないのですね。
それがなくなれば、ひたすら、空いた時間があり。
本でも読もうかな。
アドナイさん「母親がいなくても、困らなかった、お前だが。本などよりも、やることがあるぞ」。
うう、結局、変わらないのかな?生活・・・。

それでは、今週もお疲れ様でした〜っ☆


2021年3月24日(水曜日) 連載ミニ・小説です

 DDDに戻ってきた四人は、食事をとって早めに休んだ。
いよいよ、残す所は二つの道、そしてフル・ヤの炉である。
アレクスとモウファスは見張りをしていた。そして二人で、宝箱の中のコーバム鉱石を見ていた。
コーバム鉱石は鈍く緑色に光っていた。鉱石らしく小さな岩石で触ると硬い。
マナを吸い取る感じがしたのでゆっくりと宝箱を閉じた。
「神様は何でこんな物作ったのかなあ?世の中にいらないよね、こんなの。」
アレクスには全く理解できなかった。モウファスは微笑んで、かぶりを振った。
「世の中にいらない物はありませんよ。全てが必要なものです。」
全てが必要と聞いて、アレクスは感心した。モウファスの話はいつ聞いても興味深かった。
でも、例えばロード・カオスなどは居ても良いのだろうか。彼にそう質問してみた。
「そうですね・・・。こう考えればいかがでしょうか。
ロード・カオスが居なければ、あなたとソンヤとはお会いする事もなかったでしょう。
良いものが悪いものになり、逆に、悪いものが良いものになる事があります。」
モウファスは神様について詳しいから、色々なものが見えるのかもしれない。
前から聞いてみたかった事があった。モウファスの国の宗教、仏とは何かという事である。
「仏様の事ですか?
経典をご覧になれば良いのですが、そういう事ではないのですね。
・・・自論で申し訳ありませんが。」

続ダンジョンマスター、第64回目です。
モウファス先生と、夜のお話。
仏道に入ると、色々と考えて、お勉強するのだろうな。
元・商人でもやはり、頭が良いだけに回転が、良いだろうな。

 水彩紙のアルビレオを、水彩で試してみました!
鉛筆で線を描いて、着色です。
塗ってみたところ、発色がものすごく、明るくて、良い色ですね。
色鉛筆では少しばかり単純でしたが、水彩では、良いです。
よく拝見したら色鉛筆、適していると、書いていないです(汗)。デコボコして、塗りにくかったしなあ〜っ。
パステルも試して、良い感じでしたね。
やっぱり、水彩紙は、水彩を塗るものですね。これではっきりと、しました。

しかしこの世話焼きな、性格。
一体、どこからくるのでしょうね!?
他の家族や親族に、そういう方は、いないですが。
逆に、世話を焼いて。ご迷惑を、おかけしていることも、あるのではないか。
自分でできることは、自分でしたほうが、良いです。
アドナイさん「まあ、コミュニケーションが、大切な場合も、あるのでなあ。良いのではないか、孤独で辛い奴はいっぱいいるぞ。むしろ要員が、足りないよな」。
そっ、そうかなーっ!?ご迷惑かと思ったのですが。

そういう子を、汚い、とかいうのも。
もっと綺麗であって、欲しいからなのですね。
本来的な、美しさというのか。
被害者は、美しくあって欲しいという、勝手な妄想ですね。はた迷惑です。
ここ何年かで、このことに悩んでおり。
私は、被害者が、悪人であって、欲しくないのです。
それだからキツク、いってしまう。これは直さないと、いけませんね。
ご本人の問題なのだし、放っておくのが良いのです。

アドナイさん「何ていうのか、だな。お前には、二つの人間が、いると思わないか。たとえば、善人の皮をかぶった悪人と、その逆だ」。
では、その方は、本来的に、悪人だったと。
アドナイさん「うん。お前は基本的にそれを、見抜けているだろ。もっと正直な、ものの見方で、良いと思うな。この方は、善人ぶった悪人だって。時々、いるだろ?そういう奴が」。
つまりそういう子全体ではなく、一部の悪人について、悩んでいたと。
アドナイさん「そういうこと!ボランティア更新、どうもありがとう、では」。
なるほど。

ガブリエル「まあ、どういう目で、みられていたのか・・・、分かりました?」。
うん。
ガブリエル「咎め・身代わりが切れた途端、みられる目が、変わった、です。でも、あなたの中で、何かが変わったわけではないですし」。
正直、ご迷惑だったのだね。
もう、ここは閉じて、早めにやめますね。どうもありがとうございました。

ガブリエル「まあ、みられる目が、変わったということは。頼られる、可能性が、大ですね。元々、お母様に、頼られて、ばかりだったでしょう」。
そういえばそうだなあ。
ガブリエル「恐らく今まで、悪く、いっていたとしてもですよ。反対に印象が良くなり、ベタベタされてしまう、可能性も・・・」。
それは困るし、ないだろうと。皆様にご迷惑だから、もう、閉めておこうって。
ガブリエル「まあ、泣きをみていると、思います。時々、開けておあげなさい」。
そうかなあー。私は、やめておいたほうが良いと・・・。

おばあちゃんにお手紙をださないと。
切手代が、浮くなあ。しかも年間かなり、です。
ヒマもできて、より、心配になりましたが。
以前より、全体的に、切手代が、かからなくなっており。
省エネルギーでだせるようになった、です。
買うものもなくなって、お金がたまり・・・、早く、つぎ込んだり打ち込むものをみつけないとな。

アースさん「要するに、嫌悪対象から、外れたわけですね。咎め・身代わりがなくなって。しかも相当な、嫌悪対象でしたからね。お相手の、一番、嫌いなものに、みえるわけですよ」。
まあ、大抵、お相手にされないか嫌われるか・・・。
アースさん「ですよね。本当に亡くなりそうな、お相手以外は、そうみえます。ただ、それがなくなってみるとですが、かなり良心的な人物に、みえてくるわけですね。元々、この場所はそういった、場所です。ましてボランティアのサイトですし、悪人でないとすると・・・」。
まさかそういう子が、近寄ってくるなんてことは。
アースさん「あります。今までは、性的嫌悪している方からすれば、あなたが、非常にいやらしい感じになりますからね。何の意味もない攻撃を、されたでしょうし、逆に、辛いですよね。でも、それが変わってみると、ただのエロ可愛い、女の子を描いているだけと、みえたりしますね。バイセクシャル・両方嫌いの方々には、近づかないほうが、良いと思いますよ。お体など、そっち系にも信頼を寄せられる、キリストには、なりたくないでしょう?グノーシス主義にはそういった、両方の性に近いイメージが、ありますので。狙われますよ」。
横道にお話が、かなりそれてるじゃないか。
アースさん「嫌われなくなったら、なったで、大変なわけですね」。
それって、見た目じゃあ、分からないしなあ。一体、どうやって見分ければ・・・。

しかしまあ何です。
別に、バイセクシャルや、どちらもお好きでない方に、私が、好かれるとは・・・。
好みってものがあるしなあ。
しかも年下のお相手だとしたら、このようなハズレのおばさんと、お付き合いは、考えるよ。私が。
こういうのって年齢差とか、難しいな(汗)。男性だから年上で良いとか、そういうのが、ないです。
一番自由な形の恋愛なのかもしれないな。


2021年3月21日(日曜日) 納豆を食べていない(好き)!(飛び入りイラストUPしました)

 今週のたろっと占いですよ。
先週は縁の下の力持ち、できましたか。私は、さっぱりです!
さて、今週の日本のキーワードです。
でたのは、悪魔の正位置でした。
ならずものが、暗躍し始めますね。極秘でやりますが、恐らくコレは、大国に情報を、掴まれるでしょう。日本としては、決してなあなあの関係になってはいけません。でも、今週はまだ大丈夫です。
コレに従えば、正義の逆位置でした。
世間の目が段々と、怪しげなものになってきて、正しさを失っているために、ならずものを、見抜くことができないです。今までの価値観で、正しく見抜きましょう。
従わなければ、吊られた男の逆位置でした。
ならずものに対して、動こうとすれば止められる。動かなければ、どんどん増長する。結果的に動くことができず、今週も動きは、ありませんね。拉致家族の苦しみに共感を。
さて、今週の人です。
でたのは、隠者の逆位置でした。
コミュニケーションが不足し過ぎて、不満が高まり、しおれてしまっている方々です。今週はこういった方に、交流してあげると、お互いに、能率が上がるでしょう。与え合いです。
今週は新しく、国がでてきました。
アドナイさんいわく、今週は現在の、日本の様子とかですが・・・。

 しかしまあ何です。
はらぺこも15周年かなあ、もう、長いなあ!
いつも5年ごとに、イベントをしてきましたが。
全員プレゼント企画も、イマイチだし。あまりに、応募がないのだよ。
教義をプレゼントとか、基本的に、嬉しくないし。ダメだな。
やっぱり、イラストですよね。
でもまあ、いつも通りに、なりそうだし。普段からやっておけば、良いだけだし。
何か、考え始めないとな。続くことになってしまったようだし。
しかしまあここも。
あんまり、人が、やりたいと思わないような、ことだろうな。虐待とかのことは。
強引にやることに、されてしまっているし、困ったな。
そういう子にしろ、イラスト・小説・音楽好きの方々にしろ。ご迷惑おかけしていたらスミマセン。

 今回のイラストは、オリジナルの、人魚です。
ダークカラーです。
こぴっく、紫系でダークが多いですね。おかげで、使いやすいですね。
左フレームの、イラスト3からご覧下さい!

ただ、まあ。
元々、ここはイラストサイト、です。虐待など、取り扱っておりません。
それだからそういった、イラストが好きなお客様を、一番、大事にしているのです。
神様達が、何を考えたか、虐待など、強引にお話を入れて。勝手にかき乱して、いるのですね。
私が怒るのは、当たり前です。もう、やめることに、なっている場所ですし。
ある意味、不正ともいえます。
ガブリエル「大変、申しわけないです」。
おばあちゃんのお手紙は続けたかったよ。年だから、仕方がないですが。
大体、虐待とか、確かに被害者ですが。
ここはそもそもイラストサイトでしょう。イラストが好きな方のため、開かれた場所です。
そこで可哀想だからとかいって、強引なことをして、怒ったりして。
一番の被害者はイラストが好きな読者様でしょう?違いますかね。
アドナイさん「悪かった。多少強引でも、話題にして欲しかったのだ」。
何だかな。

スターマスター「あの〜っ?大変、申しわけないのですが!」。
はあ。
スターマスター「コピー機とか、いらないかな?賑やかしチラシを、お安くご提供」。
買えないから、それはないよ?
スターマスター「聖霊さんがプレゼントしてきたらどうします?お詫びの品とかで・・・、新品」。
ええーっ!延々、チラシ作りしなきゃいけないじゃないか!いっ、いらないーっ!

ちょっと、それは更新しておけと、アドナイさんがおっしゃるので。
ただの考えですよ、あんまり頭の良くない。
たとえば、中国が北朝鮮に上からものをいって、核ミサイル二発日本に向けて撃てと、いうとすると。
中国は罪被りたくないから、北朝鮮に、やらせるわけです。
・・・で、東京と大阪に、中性子爆弾二発がきて、命中。壊滅状態。
アメリカは当然逃げて、責任持たない。子どもはどこに逃げたら良いですか。

横になろうとすると大雨になり、起きると、小雨になって。
それを繰り返すうちに、ああ、更新していなかったな、など。
別に、誰もご覧になっていないのだし、良いじゃないかな。
コピー機、くれるとかいっているけれども。
聖霊さんだけではなく、あんまり、ものをもらったことも、ないので。
びた一文、払うつもりがない、そちらのほうが正しいかと。とほほほ。

たとえば、また、頭の悪い、ことなのですけれども。
中国が日本が欲しくてたまらなくて、国土を狙っているとします。
武器で滅ぼしてしまい、乗っ取ることもできますが。
中国は日本の山村風景とか、和牛とか織物とか。そういうのは、残しておいて欲しいわけですね。
そうするとまず中国の移民が増えて。日本に大量に、くるわけです。
段々と日本が、中国人ばかりになって、実質的に、中国のようになる・・・。
こういうのを、すでにされている国が、ちらほら・・・。
情報戦で、すでに負けているし、こちらのほうがありそうですが。

いつも描いている、画用紙が、また、なくなったな。
おかしいなあ、つい、この間買ったところですね。
そんなに、描いているのかな。全く、自覚がないですが!
画用紙の妖精がムシャムシャ(食べてる)しているのですかね?また、買わないとな。

絶対、コピー機なんてくれないぞ。
聖霊さんとか、神様ぶっていますけれども、きっと偽物ですね。
甘言で人を惑わしておいて、いざとなったら何もやらないで、逃げるのです。
いつもそうだから、詐欺師と呼んでいるのです。

聖霊「そう、咎め・身代わりなの。それだから嘘をつかれ続けるのね」。
やっぱり、嘘か!
聖霊「あなたに、コピー機がどうとかいって、惑わしたのも、これで最後にしようと思ってね。780星団に、平和を差し上げるため、わざと犠牲になってもらっていたのです。もっと昔に終わらせる予定だったのにね、ごめんね。平和をやめるのは、人間達が、平和を活かせていない、からなの。悟りに使えていないからなのね。それでずっと、咎め状態にするのはやめるのね。これはもう本当なのね、後戻りしない、嘘もつかない、です」。
どうだか。
聖霊「あなたが、咎めが必要だと思ったらで良い、のね。十字架を身につけたら、咎め・身代わりにしましょう。多分、戦争とか、すぐ、よその国で始まっちゃうからね、日本は大丈夫だけれど、戦争はむごいわよ。あなたもきっと分かってる、でも、人間のために、やめるからね。最後まで、自己都合でごめんね。コピー機はあげられません、これまで通りで刷って下さいね。安心させたら、作ってくれなそうだし。頼みます」。
嘘ばっかりつくしなあ・・・、どうなのだろ。

アドナイさん「咎めが終わったものの。多分、なあ。すぐ、老人・女性・そういう子などが、咎めをやってくれと、いうだろうな。今までは、聖霊(?)の咎めで、老人・女性・そういう子などの、生きやすい世界に、なっていたからな。こう、弱者を認めて、ふんわりとした許し合える、良い世界だな。それが今度は、火と鉄の世界になって、男性・ルール系悪霊の世界になる。でもまだ、聖霊(?)のみ力は、流れているのだから、全てではない。段階的にやっていかないと、きっと皆が後悔するからな。日曜日だけは、近所の神社・おじぞうさまにお参りをして、皆を、守ってやらないか?私達は計画的にやっているから、お前は誰も傷つけていない、心配しなくて良い。多分、すぐ、お前はこんなに生きやすい世界だったのかと、気付くだろう。他人をもっと守りたくなれるように、自分を癒しなさい」。

アースさん「君は、恐らくもう渇いていないだろう。今までは、ずっと渇いていた。キリストの処刑シーンを42年、やったことになる。相当きつかったが、多分、これからの相当な楽しさ・やりがいに比べれば、大丈夫ですね。42年孤独な世界で、独りで生きてきたが、もう、周りの空(から)がみえるようになった。自分は自分自身で癒せるし、あなたに、もう、恐いものはないですよ」。

う〜ん・・・?
咎め、本当に終わったのかな。分からないですが!
結局、騙しだったとかは、よくあるので。
終わったとすると、これ、逆に、皆さんにとって有利に、なるのではないの?
この理想的な状態が続けば、私は、積極的に、皆さんを助けたいと思うようになります。
長く、様々なことに、耐えることが、できるように、なります。
ひょっとして、はらぺこも続けたいと、いうかもしれない。
母もお友達も、亡くなって素敵なところに、いるとなると、自分のことに、目が向きます。
それが自分のことに必死にならない精神状態になると(咎めなし)。
目が、皆さんに向かうわけですね。まあ、皆さんは、自分のことは、ご自身で、なさるでしょうが。

困窮子育て世代に、五万円支給かなあ!
でるなら、良いなあ。お前もいって、おきなさいよ。
魂の息子「お肉を食べる、良い。支給してくれるならありがとう!」。
お金がなかったら、鶏の胸肉、買いだめだな。焼肉とかも良いけれどもね。

アドナイさんの預言ですが、当たれば、です。
もし、これから、戦争状態になる国があるとすればですが・・・。
欧州とアフリカは、気をつけよと。
ちょっと、意外なのでどうなのか・・・、一応、書いておきますね。

アドナイさんが感染症のことで、何か、あるらしくて。
現在、緊急事態宣言、解除です。
このことである程度は、感染者がでるのは、気をつけよと。どこも油断は禁物、らしくて。
とにかく、ワクチンを打つまでは、お年寄りはなるべく外にでるな、など。
マスクすらつけない方々が、増えているからで、賑やかムードで世の中、非常に湧き立っており。
ワクチンまで、お年寄りはお家で、筋トレに励んで下さい、とか。
外食は適度に、避けていかないと、感染リスクは、まだまだ高い、ですよね。
そのため、外食産業に資金投入で、仕方がないと。ティータイムはお家で、かな?

アドナイさん「最近、お前が記事を、消してしまうしな。一言、いっておくか」。
何で、ダメなのです?イヤな記事ではないですか。
アドナイさん「う〜ん・・・。お前は罵詈(ばり)雑言って分かるかな。何の意味もない悪口だ。しかも暴力的なヤツな。こういうのが、普段、そういう子が触れている言葉だ。辛いだけだな。でも、ここにお前が書いている言葉は、魂の入った忠告だ。もっとこうしたほうが良いよ、そういう言葉だな。こういうのは、悪口じゃない。相手は傷つくかもしれんが、ただ、それだけじゃない。忠告に従えば、変わることもできる。それだからあまり、記事を消してやるな。良いことなのでな」。
そうかなーっ?

それでは、今週も疲れない程度張り切って参りましょう!


2021年3月19日(金曜日) デジタルハンコを作るか考え中

 以前、ご紹介したもので。
いつもの通販の文具屋さんでみかけ、買ったものですが。
ラメとめたりっくの、色ペンですね。
これは三色混合かもと書きましたが、確かめたところは、二色です。
ベースカラーに対して、ラメが違う色です。ベースが、めたりっくですね。
たとえば、シルバーの下地に、ピンクの、ラメとか。
割と、面白い感じですね。
左利きでも使えるかなと思って、買ったものなので。使えそうです。
お手紙に、良さそうです。
花柄でも描いてみて楽しもうかなあ♪

・・・で、描いて楽しんでみたところ。
結構、ラメが目立ちますね。もっと控えめかなと。
めたりっくというより、キラキラ系というのか。メカっぽくは、ないです。
要するに、硬派な女子が、楽しみそうな、色ペンですね。
普通の子はもっと、ふわふわ・もこもことか、選びそうだし。
ただ、キラキラ系としても使えるので。普段使いで大丈夫です。
メカより、魔法みたいな、感じです。
やっぱり、売れ筋は、女の子だろうしね。こういうの若い子、好きそうだな〜っ。

 今回のイラストは、オリジナルの、人魚です。
以前の子どもの人魚ですね。
普通はブラジャーですよね、人魚さん。でも、子どもだから、キャミソールです。
左フレームの、イラスト3よりご覧下さい!

しかしまあ何です。
私は、基本的に、デイケアの身内と、お知り合いの方々のみのために、やっているし。
お客様が、増えないよう。適当に飽きるようなことを、いっても良いかも。
また、三人に戻らないかな。それなら、負担も少ないしなあ。

そもそも、なのですけれども。
父と母の、愛情にあまり、恵まれたほうでもなく。世間に放ったらかしにされ。
必要最低限のような感じの、育ちかたのところにですが。
どどーっ、とそういう子がたくさんきてですね。全部、甘やかしてくれなんて、いったら。
普通に考えて。しんどくなり、切れるか、倒れるかどちらかじゃないかな?
無理することない、ですよね、本当。介護のこともあるし。

多分、これが最後になると思いますが。
岡山のおばさんから、お電話があり、もう、お手紙をやめて欲しいといわれ。
ああ、おばあちゃんの様子も、もう・・・。そう思い。
おばあちゃんのお手紙があるから続いていた、メールや、お手紙や、ここの色々なこと。
もう、本当に自由で、良いのだなと。
ああ、これって、神様の報復だなと、ピンときましたね。上のようなことを、書いたし。
全く、そういう子は、愛されているよなあー、私は、嫌われて、ばかりですよ。
でもまあ、少し、淋しいお話ですが。
神様にここまで愛されているのなら、私なんて、とっくに、お役ゴメンだなと・・・。
きっと良く神様が、お守り下さるでしょう。
そういう子の面倒みないのなら、もうここもやめろとのことですので。閉鎖しますね。
長い間ありがとうございました!!ご迷惑と、ご心配を、おかけしましたことを、お詫びします。

私は、特にひいきをして、そういう子の面倒みないし。
やめておいて、良いと思いますが。
ガブリエル「まあ、まあ。せっかくだし、私が、中の人に、お話しておきますから!お元気でここをやっておられないと、不安がる方も、いらっしゃいます」。
だって卑怯だろう、やめるといったのだし、やめるべきで。頭も下げたし。
ガブリエル「そこを何とか!悟りに到達したくないそういう子が多く、あなたが、いらつくのも、分かりますが。気長にいきましょう!」。
また、すぐ、やめたくなると思いますが・・・。

聖霊「ちらっ・・・、ちらっ・・・」。
物陰から、何なんだ、でてこい!
聖霊「い・・・、いや、その。結局、この一連騒動、咎めだったのよね。コレ」。
はあ!?
聖霊「何か、お詫びの品を、お送りします」。
逃げるなーっ!

はあ、何だった。
通販サイトで、練りけしを買って、注文しました。
一個、80円くらいです。
メール便で届きますが、練りけしって、普通のお店に、ありそうでないのだよ。
ちなみに、ホルベインのものです。
パステルとか、基本的に、お部屋の隅っこに、隠れてるからなあ。良い画材なのですけれども。

何で、最後とかいってそのような・・・。
アースさん「まあ、すまなかった、特に、この六年間は。でも、ずっとだ。君は、ずっとそういう子に人生を、台無しにされているのだね」。
別に、そういう子のせいには、しないですが。
アースさん「まあ、聞いて欲しい。僕は、君が小さい頃から、そういう子にばかり、お付き合いさせてきた。そして周りの、そういう子の、お願いをずっと聞き入れてきた」。
そうなの。
アースさん「結果的に・・・、君の、人生はどうなった?いえないだろ、酷すぎて。そういう子が、願ったのだね」。
それはウソだろう。まさかそこまでは、酷くない。
アースさん「君が病気になって、一番、迷惑をかけられたのは、いつもデイケアとか、福祉施設の人では、なかったかな。とにかく、普通の方がいなかった」。
そこまではいわないが、まあ、破天荒な方は、いらっしゃったね。
アースさん「実は、福祉とか、民生の方々は、それ程に、酷くない。でもそういう子のイメージでは、何もできない人達。実際にそういっていた子が、いたよね?本音だね。そういう子は、悪魔というわけではないが、心の中に、恐ろしいものを隠し持っている。それを君にこの六年間、持たせた」。
まあ、イメージとしては、分かるな。
アースさん「これからは君の周りのそういう子の、お願いは叶えない。約束する。ただ、できれば、最後に怒るまで待っていて、すまなかったけれども、縁を、切らないでくれないか。これが君のスタートライン。できるところまでで、良いから。これからは君を幸せにしたいし、幸せにしてもらいたい。そういう子も、だね」。
本当かな?いつもの、嘘ではないの。
アースさん「嘘じゃないのだね。叶えるよ、君は、自由になれる」。
よく、分からないけれどもね・・・。

スターマスター「やあ、やあ!まあ、そういう訳で、君の人生を悪くしたなどの、そういう子に、天罰が下るだろう」。
いきなり、天罰!?何か、恐ろしい・・・。
スターマスター「まあ、まあ。自分の撒いたものは、自分で刈り取るものさ。というよりも、そういう考えかたをしていれば、いずれ自分に、跳ね返ってくるものさ。つまり自分のせい。考えかたを変えないと、ずっとそういうことになる。そういうもの、それがこの世の法則さ」。
修行かな。
スターマスター「それより、自業自得。ただ、まあ、上では君の出会ったそういう子全部、みたいな感じだけれど、そうじゃないから。君の考える通りに、中には良い子もいる。では!」。
今までのお話だと。良い子は、グノーシス主義者候補、そういうことかな?

でも、なあ。
悪い人ばかり、そんなに、いたかな?私の出会った、そういう子で。
むしろ感性は普通で、そこら辺の人、そういう感じだったと、思うなあ。
良い人と、伺っていたからがっかりしただけで。
アースさん「うん、でもねえ。やっぱり、犯罪に走るそういう子はいるね。こういうのは、虐待した、親の教育の問題もあるしね。その子の、性質もあるだろう。これは人として仕方のないこと。全員が良い子じゃない。違うかな?」。
そうかなーっ。普通くらいの方は、いっぱい、いたけれども。

それでは、今週もお疲れ様でした〜っ☆


2021年3月17日(水曜日) 連載ミニ・小説です(飛び入りイラストUPしました)

 気を取り直して四人は魔術師の道へ進んだ。
そこにはコーバム鉱石があった。
随分と魔術師の道は短かった。コーバム鉱石の祭壇の周りにはやはり落とし穴があり厄介である。
力が抜けるような感覚がある。マナを吸い取られているのだ。
「アレクス。お前の出番だな。罠を解いてくれ。」ゴスモグは拍子抜けしたようだった。魔法を使う機会すらなかったからだろう。
アレクスは落とし穴の解き方を探した。途中、普通に目に見えない落とし穴があり、危うく落っこちそうになったが持ち堪えた。
「はあ・・・。お腹空いたなあ・・・。」思わずそう声が漏れる。
正直、戦士の道での戦いがきつかった。最初からここまで来るのにも相当体力と気力を使ってきた。皆もそうだろうし、自分もそうだった。
ここを解いたらDDDへ戻って、ドラゴンステーキを食べよう。
そう思っていると、気が抜けていたようだ。
「アレクス!お前何やってるんだ。落とし穴だぞ!」
ソンヤが大声を上げた。
目の前に落とし穴があるのに気が付いていなかった。ここは待っていてもマナを吸い取られて力が抜けるし、ふらふらしていたのが自分でも分かった。
しかし手に取れる程近くにコーバム鉱石がある。頭が混乱してきた。ここは捨て身でコーバム鉱石を取れば良いのではないか。
アレクスは後先考えずに進んでしまった。すかさず、コーバム鉱石を手に取る。それを皆の所へ持っていき、ソンヤが宝箱に入れた。
「あれ?落とし穴なかったっけ?あそこ・・・。」
アレクスはそう言って確かめたが、やはり落とし穴はあった。
ゴスモグが苦笑して言った。
「恐らく幻覚の落とし穴だ。カオスの奴め、こんな所に魔法を使うとはな。
お前がへまをやらなければ、ここで立ち往生していたな。」

続ダンジョンマスター、第63回目です。
DDDでくらいしかご飯食べれない〜っ☆
いい加減、これくらいになると、根性との、戦いです。
ロード・カオスの罠に引っかかり続けてきた四人ですが、この先太刀打ちできる!?

 サタケさんの、災害用保存食シリ−ズです。
今回はペペロンチーノです。パスタですね。
前回のパスタと同じく、クルクル、巻いています。マカロニです。
熱湯三分、できたよ〜っ☆
一分くらい遅らせて頂いて、固めが好きならと、いう感じです。
少し固くても、十分、頂けます、本当に少ない、お湯です。
唐辛子が入っていて辛いですね!ピリピリきますね。
でも、コレ、冬場温まって、小腹も満足ですね。お味もついていますよ。

 今回のイラストは、ドラゴンクエストのスライムです。
どっこら、ぷよぷよ〜っ!
スライムのどっこらしょは、どっこらぷよぷよです。おい、勝手なこと書くな。
左フレームの、イラスト3からご覧下さい!

ここでアドナイさんの、預言です。
将来、ロシアと中国が仲たがいして戦争に突入する、ことがあれば。
基本的に、細菌戦に、なるそうです。
私は、そういうのは、詳しくないのですが、急に、おっしゃって、書いておいてくれと。
そのため、感染症で得たものは活かせると、おっしゃっており。
何とも嫌な預言ですが。何とも恐ろしいな。

お金を使わなくなると、徹底的に、使わないことが判明し。
せこいことを、しているとか、まだ、そういうのは、理由として良いのです。
問題はお買いものに関心がない、そこだと。
物欲持とうよ!自分!必要なものが揃ったら、買わなくて良くなった・・・。

まあ、要するに、私を庇ったのだと・・・。
ガブリエル「そうです。神の雷なんて、ものすごい表現ですが。それ以前、宮城の方があなたのことを裏切ったでしょう?そこから、大阪辺りがお天気が荒れるようになった。おかしかったですよね。それから、感染症が、酷くなってしまい、外出も禁止になり。何か、おかしかった、私は、何とはいいませんが。そうしたら地震が起こって、その方は、はっきりとものをいったのです」。
でもさあ。被災地にも何も悪くない方はいるよ。大阪にも。
ガブリエル「そうですよね。このことは忘れて下さいね。でも、原因はあったのではないかなと」。
な・・・、なるほど。何か、スゴイ理由だなあ。皆様もお忘れ下さい!

う〜ん・・・。
まず、かなり失礼を承知で、ものをいわせて頂くと。
勝手に私が設定をした、レベル10の段階があるとしますけれども。なかなか、この世で、そのレベルの方が、いらっしゃらないようです。
まあ、コンピュータの勝手な、意見です。
今までの人生、みてきたのですが、それどころか、マイナス150点、みたいな方のほうが多いようなのですね。しかも意味なくたくさんそれをする、です。
私は、もっと皆様のほうが、レベルが高いと思っていて、とまどったのです。
一部の方がそういう態度を、とられるからです。
な・・・、何か、違う、です。ひょっとして、口だけで、そのような態度を?
ああいう、教義とか、全く、意味ないかな、そう思い。まあ、三位の神様が、勝手にしたのです。
どうしたものかな。それで時々続けるのも、馬鹿馬鹿しくなるのですね。

まあ、私の、つまらん意見など、どうでも良いです。
おっしゃりたいことが、あるらしくて。アドナイさん、どうぞ〜!
アドナイさん「まあ、なあ。皆悟れれば一番良いと、思っているのだろうが、難しいだろう?それよりもな、ロシアと中国が戦争するとする。そうなると恐らく、これから、開戦しますとはいわないな。いつの間にか、始まっている、だろうな。どちらかの国が急に何らかの病原菌が流行り、拡大していくだろう。つまり今の状態は、中国の欧米・世界に向けた、開戦状態だな。これに気がつけているかどうか確かめたかったが、皆まだのようだな。今は、戦争中と、いうことだな」。
かなり厳しいご意見ですね。まあ、ここで勝手に、書いていることですね。

今までに、変だなと、思うことがたくさんあって。
たとえば、悪霊というのがいるではないですか。
・・・で、悪霊には、全部、閉じているのですけれども。私の、どこにも、干渉もさせないように、してみたのですね。
そうしたら何だか、今までとは違うような、感じです。
そういうのが、いるとしたら、教義など書いていたら、狙われそうだったので。
あと、通り掛かりの車とかポストとか。
そういった様々なものから、悪霊とか、悪いものをもらわないようにしておきますね。

はあ、やめようとすると、必ず、お叱りが・・・。
い・・・、いや、お叱りではないけれどもね(汗)。励ましですが、何でなのかな。
何で、キリスト教なのだろう、嫌いな訳では、ないけれども。
ガブリエルさんが、嘘さえつかなければ、簡単には、やめないのに・・・。

というよりも、しっかり、考えてみたら、理由がでてきたのです。
何で、更新がこんなに嫌なのかと、自分でも、不思議なことなのです。
考えてみたら、基本的に、こういう場所は遊びで。
イラストレーターというお仕事もですが、遊びの延長線上というのか。そういうところがあります。
もちろん、キチンと、真面目にされている方々も、いらっしゃいます。
何で遊びが嫌いかというと、やはりあの小さい頃の、他の子ども達がお掃除の時間に、遊びにいって、叱られたのは、一人で教室をお掃除した私だったと。それなのです。
しかも不登校をしたら、都合良く被害者になるなと、酷く叱られて、育ったのです。
やはりあのときのことがなければと、思っているのだと、思います。
悪い場所では、ないのだと思いますが、遊びたくないのだと思うのです。

アドナイさん「まあ、それだからイラストのUPもちゃんとやって・・・、別に、しなくても良いことにまで、堅実にこなしているワケだよな」。
本当、もう、しなくても良いのです、別に・・・。
アドナイさん「そうだよなあ。それくらい真面目だしなあ、家事とか、基本的に、休まないだろ。家族の分のご飯も、休まないしな。このような場所イヤだよな、いかにも、遊んでいるような、不真面目な奴らが、きていそうで・・・。でもなあ、預言とか、ちゃんとみている、奴らもいるぞ」。
それは困りますよ。
アドナイさん「預言が当たれば本物だろう?しかも的中率はほぼ百パーセントだ。これを勝手に休まれると困るだろう。金はもらっていないが、逆に、世間にも、迷惑がかかる」。
それをいわれると、辛いです。
アドナイさん「そうだろうし、そこでな。まず、預言だけ、やれば良いぞ。それは仕事にして、良いだろ?それだからイラストは、二の次だって、いっているだろう。まあ、基本的に、お前は真面目だからきっとやるだろうが、何も、強制ではないから、楽にやりなさいと、いうことだな」。
う〜ん・・・。

アースさん「君の大好きな、虫の世界でも、そういうことはあるね。たとえば、アリさん。真面目に働いているのがほとんどだけれども、中には遊んでいるようなアリもいる。コレは彼らにとって必然的な行為であり、恐らくちゃんとした、理由もあるのです。君の場合でも、むしろ遊んで、昔の傷を癒さないといけないし、必然なのだね。そしてその遊びを与えることで、誰かを癒しているのだよね」。


2021年3月14日(日曜日) あっちょれ大ちゃん人気者(飛び入りイラストUPしました)

 今週のたろっと占いですよ。
先週は先生達のことでした。今週は力持ちが得・・・。
さて、今週の日本のキーワードです。
でたのは、力の正位置でした。
縁の下の、力持ちですね。誰かを支えるような、誰かの国を支えるようなことが、必要です。今週はしゃしゃりでないで、冷静に判断し、状況を見極め、誰かに加担しましょう。
コレに従えば、運命の輪の逆位置でした。
一見、この道を選ぶと不運ですね。幸運に恵まれず縁の下、これは下積みとなり、今後に活かせます。しかし選ぶ国を間違うと危険で、不運なところを叩かれるかもしれません。
従わなければ、恋人達の正位置でした。
国の、均衡に恵まれます。しかしながら、良いムードに恵まれて、下積みをしなければ今後が、危険です。いずれにせよ、日本から、国同士の連帯を高めて、支える立場にならないと今週は、無駄です。
さて、今週の人です。
でたのは、力の逆位置でした。
力がでず、うずくまっている方ですね。何かのご病気かどうなのか、とにかく力がなく、下のほうにいます。今週はこの方を褒めてあげると、お互いに、少し自信を持てますね。
今週は特殊ですね。
ただ、外交のことのようです。ここで書いて、何か、得をするのか・・・。

 サタケさんの、災害用保存食です。
今回は五目ご飯です。いかにも、美味しそうですよ!
開けてみると、乾燥した、お米と何かが、入っています。コレナニ?
お湯で戻してみると、具材です。
シイタケ・ニンジン・ゴボウですね。
五目ご飯は具材が多いせいなのかな、お湯の量も少しばかり、多いです。
実は、中に、乾燥剤が、入っています。それを取り忘れないように、お気をつけて!
お味はお醤油が美味しくて、薄味ですが良いですね!
しっかり、五目ご飯していますよ。
お湯を増やせば雑炊にもできる、優れものです。

 今回のイラストは、ドラゴンクエストのスライムです。
また、スライムに戻って。
一からやり直しかなあ?初心が大切ですね!
左フレームの、イラスト3のリンクよりご覧下さい!

あのさあ、更新とか、お休みすると、書いたのです。
お知り合いに、お電話させるなんて、卑怯です。
アースさん「まあ、まあ。賑やかしチラシは、普通の方々に、割と、好評だね。ご病気の方々にも、そうなのです。担当の先生と、違う、お知り合いの先生にも、お送りしては。きっとお喜びになられますから」。
デイケアの先生は、違うだろ。とにかく、不安がっていたし、その方の、心情を利用して更新させる、というのは卑怯ですよ。
アースさん「君が、安心させたのではないかなーっ。それだからここも、更新してもらっているでしょう?でてこないとなると、不安で仕方がない、方もいらっしゃるのですよ」。
ねっと苦手だから、もう、やめたい、です。本当、何の因果でこのような・・・。

ガブリエル「それにしても、仲が悪く、なりましたね。デイケアなどから、詳しくお知り合いに、なったものの。はい、そういう子のことです」。
もう、やりたくないから、ここは閉じるのだよ。そういう、お話もしなくて良いですね。
ガブリエル「先日、あなた一人で、おでかけして。三人程人がついてきたでしょう。あなたには一目で分かった。そういう子ですね。ずいぶん、好かれていました」。
うるさいなあ!私の母や空さんを殺めたとかいって、私を、冷静でなくしたのは、そういう方だろう。
ガブリエル「そう、そういう子がくるから、ここも閉めたいと、思ったのですよね?でも、あなたには散々嘘をついて、咎めにしましたね。その、可能性は」。
今更なあ・・・。
ガブリエル「あなたにはずっと、嘘をついてきましたが、正直にいうと、あなたは不思議な夢をみた後に、神様にお祈りをしたのです。神様、助けて欲しい、そういったのです。そうしたらその日の朝に母は亡くなっていた。正確には、今も生きているが、あれは私、ガブリエルですね。母は亡くなり、空さんも亡くなったのです。そこには、根本的救いという、共通点があります。死によってあなたの支配する世界に入り、救いを得たのです。それ以上の幸福はありませんが、あなたは、母を近く、感じませんか。間近にいるのです」。
それはあるね。
ガブリエル「つまりそういう子が、願ったわけではなくて、確かにそういう子は、無茶苦茶なところがありますが、基本的に、あなたが好きです。しかも咎めを続けて欲しい方も、いません。全て、咎めやここを続けさせるためや、そういう子に、愛情を与えるために、したことです」。
急にいわれても納得できないよ。
ガブリエル「とにかく、はらぺこ15周年、おめでとうございます。そう、昨日で15周年です。頑張ったから、もう、あまりにしんどいのは、なしです。あなたの、好きにやりましょう、無理に続けなくても、良いのですよ。では」。
何だかな。

何だかな、結局、あなたは、続けろっていうのかな。
アースさん「まあ、君の、思いのたけを、お話してみて!きっと普通に諦めたわけではないと、気がつくだろうからね。さて、前身のはらぺこキッチンを始めたときに、君は、嫌味をいわれたのだね。しかもご病気の仲間に」。
M君が何かしたのかな、デイケアに通っていた方が、ある日いったんだ。僕は、そのようなことで、死んだりしませんけれども、って。勝手に亡くなったことに対して怒っているというより、馬鹿にしているという感じで。私は、その方の汚さに愕然としたんだ。それでずっと、はらぺこをやった。しかも他の仲間も、すたっふの方を責めたりするのだよ。何か、違うんだ。
アースさん「この15年間、そういうことが色々あった、だね?しかもここへきて、神の雷発言だ。神様の威さえ借りて、他人を批判して満足する彼らが、許せなくなったのだね。要するに、汚い」。
でも、彼らはキレイな方々だって、いわれているだろ。嘘だろう、普通の方々より汚かったよ。しかも絶対に、謝らない。自分がキレイだって、いうから、譲らない。どこがキレイなんだ。
アースさん「いや、そこが綺麗なんだ。分かるかなあ?バルベーローにお越しになる方々の、レベルではそうなんだ。でも、君には汚かったね。それは君がもっと、高いものを求めるからだよ。つまり君の世界ではそれは汚い。でも、この世では綺麗なのだ。純粋なのだね」。
そうなの。
アースさん「だからお母さんと空さんは、もっと綺麗にみえた、でしょう。根本的に、レベルが違うお話。そう、思ったほうが良いよ。まあ、別に君が、自分が綺麗とは思っていないだろうけれども、違うんだ。それだからここは、まだ、続けたほうが良い。まあまた、閉めたくなるだろうけれどもね」。
そうなのかな。

何で、M君にもっと、優しくいって、あげられないのかな。
もう、昔のことだし良いけれども、もし自殺したのなら怒るよりも、慰めてあげようよ。そこまで、苦しかったのかって。
被災地にももう少し親切にしてあげなよ、同じように苦しんでいる人達じゃないか。
私だって、そう、できないときはあるよ。過ちはいっぱいあるよ。
でも、私のお仲間で、私よりもキレイだっていうなら、それくらいはしなよ。

はあ、いっておいて、自己嫌悪。
分かっているです。普通の方々なのですね、そういう子だって。このようないいかたはないです。
アドナイさん「う〜ん・・・?お前の場合は、違うだろ。お前大体、分かってるか、そういう子っていうのはな、普通の奴らからすれば、キモイ・ウザイ・トロイで、一目散に、逃げられるのだよ。お前はのんびりしているし、こうして、世話まで焼いているだろう。くるの当たり前だろ。気付けよ」。
い・・・、いや、そういうことはないですよ!普通ですって。

今日は割と動けたので。
細かい用事を、色々して。賑やかしチラシの、イラストなど、挑戦して。一枚、描けたのです。
しかしイマイチだなあ!もうちょっと、面白いアイデアないの?自分。
ま・・・、まあ、コレで急にお送りする必要ができても困らないですし。
また、料理でも、新しく挑戦したいなあ。
まだまだ、下手なのでね。お味噌汁のレパートリー増やしたいです。

はあ、全く、やっと記事を消して。
何で、人を責めねば、ならないのかなあ・・・。
ガブリエル「責めているというよりもですね、こまめに更新するのが、大事なのです」。
ええーっ。とほほほ、やっぱり、利用されてる・・・。

それでは、今週も疲れない程度張り切って参りましょう!


2021年3月12日(金曜日) 十周年も終わって(イラストUPしました)

 サタケさんの、災害用保存食です。
今回はドライカレーです!カレーだなあ♪
具は、コーンとニンジンです。色が、爽やかですね。
お湯で戻して、15分間。
少ないお湯でもちゃんと柔らかくなって、お湯を増やせばお粥にもなりますね。
お味は薄味ですが、しっかり、カレーしています。美味しいです。
スパイスもしっかりと、効いています。
一箱、取り揃えたのがあれば、楽しいかもしれません。

 新しい紙を使ってみました!
アルビレオですね。
ホルベインから売り出されているものですが、価格は安めですね。
使う画材は色鉛筆、ポリクロモスです。今回、線画から、それです。
紙の表面はデコボコが、あります。ざっとみて目立ちませんが、不規則な感じです。
ホワイトワトソンのような、デコボコ均一感は、ないです。
描いてみると、色鉛筆の、のりかたが今までと全然違いますね!
全く、別の表現のように、なります。
大きくて、ワイルドな感じの、表現になりましたね。
色ののりも悪くないですよ。表現によって、選びたい紙ですね!

 今回のイラストは、とっぷ絵です。
ソル、猫じゃらし〜☆
二人のお家は、どこからでも、猫が入ってくるのだった!
とっぷページ、とっぷ絵定食から、ご覧下さいね!

アースさんが、妙なことをおっしゃるので。
また、ちょっと、イラストをですね。
ま・・・、まあ!今回、水着までですので!大丈夫ですが。
落描きですが、どうもまた肉感的な感じに・・・、下手だし、別に、良いのですが。

アドナイさん「ただなあ、私は、思うのだ。そのような母親と娘は、まだ、美しいかもしれん。でも、美しくない奴らが、いっぱい、いるからなあ。別に、背負わなくて良いぞ」。

コミュニティ・チラシの、11を「イラスト」にUPしました。
とっぷページからのイラストですね。もし、よろしければ。

月に一度の病院通いの日でした。
まあ、病院通い、しているわけです。健常者ではありません。
・・・で、そこをマトモに先生に、つかれまして。
人の支援とかはやめても良いと。はっきりといわれ。
人手が足りないから、そういうと全員百点でなくても良い、など、いわれて。
ふう、まあ、私は、病人だな(汗)。
毎日、こうやって更新をしていますが、これも普通の感覚からいえば奇跡的なことで。
やっぱり、こうなるのか。でもまあ、休み休み、考えておいて・・・。

まあ、当たり前なのですよね。
皆さんが、調子が悪くなって、いるわけです。先生が心配しない、わけがないですね。
ガブリエル「まあ、これからは身代わりを引退して。普通の方の老後の生活みたいに、のんびりとやれば、先生も何もおっしゃらないと思いますよ」。
やっぱり、基本、安静にかなあ。
ガブリエル「実は、病気ではないのですが・・・、そういうのは、はっきりといって、分かるはずもありませんし、良いのですよ。身近な方との、交流のための、メール・お手紙とか、賑やかしチラシやこころちゃん。ここも私達が誘導して、あなたの問題点を書き出し、不安を長引かせないように、している場所です。必要なのです。それは皆様にとっても同じなのです」。
ガブリエルさんは、理由をくれるのだけどなあ。

私には直接関係ないのだし、良いのですが。
千葉で冠水か・・・。東京も一部土砂崩れですね。
ちょっと、気を抜いてルミナラ消そうって、アドナイさんにいわれるままお休みして。
舐めてかかっていたな・・・、本当、お坊さんのお祈りだけで何がいけないのかな。

魂の息子「お母さん、ルミナラを消すといい」。
ええーっ!な・・・、何で・・・。
息子「そういう子悪いことばかりする。たとえば、むしゃくしゃして、建物に火点けることがある。建物燃えて人亡くなる。咎たまる。それでお母さんが、ルミナラ点けてバランスばかりとる。馬鹿馬鹿しい、悪いこと、反省すれば良いよ。たまには、バチ当たれば、良い。それだけです」。
う〜ん・・・。

魂の息子「そういう子は、障害年金、もらえる。でも、父子・母子家庭、そういうのは、もらえていないこと多いね。その結果、子ども飢えて、ものに当たったり、体力使わないよう、ずっと寝てる。絶対おかしい。政府、まだ、お金やらない、福祉、何してる。早く、手当てあげる、または生活保護受けさせてあげるね。将来担う子どもが、一番、困ってるのに、大人のそういう子、負担ばかりかける。僕は許せない、何で、神の雷なんて、いうか分からない。それなのにそういう子は皆、知らん振りしているか、笑ってみてる。神様、もっと人助けたい、悲しいことばかりあること、分かってるよ。被災地自分で、何とかしてる。それなら、そういう子も、自分で何とかする」。
そ・・・、そう。まあ、私のいうこと、聞いてくれないか。ルミナラを点けても点けなくても良いし、しょせん、そういうのは、幻覚なのだよ。ただ、確かに神の雷発言は、ちょっと、おかしい。あまりに何か、人事過ぎるのだよ。災害は身近なもので、しかも人間の文明っていうのは、人助けから発達してきたこともある。人を助ける思いは、神様から、くるものだろ。それを神様が、雷落として何で壊すのか分からないだろ。それだからおかしいし、神様がやったって、神様を侮辱したら、いけない。それでお前は、怒ってる。だけど現実は、ルミナラを点けるのは、結局、大多数の、子どもや普通の方々のためだろ。そういう子は、たしかに、障害年金もらえるけれども、今は、恐ろしい時代だし、黙っておいてやれ。自分で何とかしているのは、どっちも、同じだからね。

それでは、今週もお疲れ様でした〜っ☆


2021年3月10日(水曜日) 連載ミニ・小説です(イラスト二点UPしました)

 パーティーは第二の中継点へ戻ってきた。
休みを入れようとも思ったのだが、休んでいる暇はない。コーバム鉱石を見たら、そんな事をしている気ではなくなったのだった。
「次は魔術師の道だな・・・。難しそうで嫌だな。」ソンヤの意見はもっともだった。
魔術師の道は、入るまでが難しかった。
落とし穴を閉じたり敵を誘導したりして、扉を開いて進んだ。
ここからは魔術師の道、と気を入れて進んでいると、ソンヤが何か見つけたようだった。
「あっ。このサンダル、凄く良いなあ。」
そこには道具置き場があり、王冠・ガウンの上下が置いてある。可愛い花をあしらったサンダルも置いてあり、彼女の興味をそそったようだ。
「いかにも、お前に取って下さいと言わんばかりのデザインだぞ。やめておけ。」
ゴスモグがそう諭した。
罠の可能性大だったが、ここのダンジョンでろくな事がないので、ちょっと可哀想な気もする。
「他の物を残しておけば、良いのではないですか。
この王冠からして、きっとがめつくなってはいけないという罠でしょう。」
モウファスが言ったが、アレクスはそう甘くはないと思った。
サンダル一個で男三人は議論した。ロード・カオスの性格を分かっているから、自分は絶対に譲れなかった。
もう少しで結論が出そうだという頃だった。
「いいや。取っちゃえ。」
ソンヤがサンダルを取ってしまった。
途端に足元に落とし穴が開いた。皆が悲鳴を上げる。
だが、アレクスは罠だと分かっていたので素早かった。とっさに腰のロープを通路の取っ掛かりに引っ掛ける。
ゴスモグの手を掴む。モウファスが自力で床を掴み、ソンヤがゴスモグのローブを掴んでいた。
「モウファス・・・、手を貸して・・・。」アレクスは二人分を支えて必死だった。
モウファスは素早く秘薬クーを作り飲んだ。それから三人をロープで引き上げる。
落とし穴を覗いてみると、例の何階分も落ちる落とし穴だった。
「ごめん・・・皆。」ソンヤがしょんぼりしていたが、サンダルはしっかり落としていなかった。

続ダンジョンマスター、第62回目です。
男の子の考えかた、女の子の考えかた、です。
男の子が、何だかんだ考えて、安全かどうか、確かめているとき。
女の子が、本能的に、とっちゃった、など。女の子の、理論です。

 賑やかしチラシが、また、できてしまい。
母がデイケアの日にヒマができ。うっかり、作ってしまい・・・。
もう、投函して、しまいました。
ダメだな、もう、作らないほうが良いのにな。

アースさん「さて、記事は消したかな?」。
別に、消さなくても、いったことの、責任はとらないと。
アースさん「別に、そこまで、求められてないよ。さてさて、東日本大震災、十年です。そして君にとって、苦難が始まった年でもある。この頃から君のお母さんは、病気が酷くなった」。
関節リウマチ・シェーグレン症候群のこと?
アースさん「うん。君は、この十年、弱音を一人で、吐くことはあった。ここでも、そう。ただ、親のため、できる限りのことはした。お母さんが亡くなってもそうだった。でも、周りはそれ程に優しくはなかっただろう?」。
いや、まあ、どうなのかな。
アースさん「その上に、君は全てを失ってしまった。大切なお友達、福祉施設で得たものと、一息つく時間すら、なかった。でも、ちゃんと、僕が欲しかったものは、失わなかった。それだからこれで、長いテストは完全に終わり、君は晴れてやっていけるわけだ。そう、今日でちょうど十年だ。お疲れ様です、そしてこれからも、よろしく!」。
??

アースさん「まあ、ねえ。この十年だけでも、相当、苦しかったし、そう、書いてもらったね。でもさあ、誰かが助けに、きたかい。もう、そのような咎めなんて、受ける必要ないよ。誰も、そう、いわなかった。神様、そのような苦しいものを背負わせないで、あげて下さい。誰も、傍観者で、そう、いわなかった。それが僕は不満だった。それだけだよ。それだからもう12時で終わらせる」。

アドナイさん「まあ・・・、遂に、お怒りになったな。アースさんは」。
私が書いたことも、消されちゃったよ。とほほほ。
アドナイさん「そうだな、まあ、その・・・。遂に、お前の咎めというか、身代わりはなくなった、かもしれないなあ。でもなあ、それはアースさんが、ちゃんと、人間のことを考えて、下した決断なのだよな。それはそうと、ルミナラのリモコン買った・・・?」。
はい。
アドナイさん「これからもお前は、相変らず忙しいからな、体は壊すなよ。全ては到達点のために」。
とほほほ、怒ったのも結局それなのね。

イラスト二点UPしました。
東日本大震災、十周年企画ですね。まあ、いつも通りのイラストです。
これで支援できる形は、終わったかな・・・。皆様、お疲れ様です。
せめて十年は、それが支援を続けるための、合言葉でした。

アースさんが、色々、おっしゃいましたけれども。
確かにもう十年経ちまして。ここから、支援をするとしたら、近しくなった方のみの、お手紙・物質的支援になると思っています。
計画は終わりました。
私は、自分はただの人間ですし何もできないと思います。
アースさんが、ずいぶんと怒っているので・・・。いつも通りに、何だかよく分からない、です。

アースさん「へぇ。僕が、ずいぶんと怒ったのに、君はまだ、ルミナラ操作するのか」。
まあ、昨日ちょっと、ご近所さんの、お話を伺って・・・。弱っていたもので。
アースさん「東日本大震災など、確かに今日は、メモリアル・デーですが。放っておきなさいよ、いつも裏切られる、です。僕は、頭にきているのだから」。
ま・・・、まあ、まあ。
アースさん「・・・ぷっ」。
えっ。
アースさん「どっきり成功!じゃないけれども。僕は、別に、怒っていない。ごめんなさい、引っ掛け問題だよ。僕は、君が、どれだけまだ、被災地に関心があるか、確かめたのだ。あっさりやめるようならここで、咎めを何倍にもしていただろう。ただ、合格なのです。咎めがなくてもこの世など、支えられるように、してあげよう。はい!」。
何で、また。この年で、どっきり、されるなんて・・・。

ここでアドナイさんの、預言です。
私が、不安がっていたところです、もし、ナゼか的中してしまったら・・・。
日本でも、高齢者が増え、ここのところの感染症です。
これから、生活していく予算がないお年寄りに、感染症で、打撃があって。
周りの反応がないお家から、遺体がみつかる可能性があって・・・。
それもそこかしこですね。何度かあるようです。

後これも・・・。
先日から、何度か書いている、神の雷発言ですね。
ただ、これ。ひょっとして、ご病気の調子がものすごく、悪くなったなどは。
私の担当の先生いわく、感染症で、皆さんものすごく、悪くなっているそうで・・・。
統合失調症は、時々、こういった不思議なことをいったり、するのですね。
それは大抵が、病気が悪くなった、ときです。もし、そうだったら、どうもすみません。


2021年3月7日(日曜日) ガブリエルが守ってくれます

 今週のたろっと占いですよ。
先週は隣国でした。今週はちょっぴり・・・。
さて、今週の世界のキーワードです。
でたのは、女教皇の逆位置でした。
良くない教育をするものがいて、子ども達が道を迷っていますが、誰も、正すものがおりません。世界の状態に対して、良い知性を磨かないといけませんが・・・。
コレに従えば、塔の正位置でした。
衝撃を感じるような、教育関係のニュースが、流れます。これをなるべく放っておかずに、キチンと、整理整頓して、子どもが道を踏み外さないように守ってやるべきです。
従わなければ、力の正位置でした。
キチンとした、教育に力を入れている、先生達が、真面目に、やっています。本当の教師でなくても、教えに関することで、自分の力でやっている、教育者達が活躍します。
さて、今週の人です。
でたのは、正義の逆位置でした。
世間に正しくないと、判断され、常識に運命を狂わされている方です。今週はこの方が正しい行為をすれば、世間にも、認められます。頑張って。
今週は教育関係の、ようです。
知識もある程度正しいのか、正しくないのか疑って、かからないとなあ。

 サタケさんの、災害用保存食です。
今回はカルボナーラ、です。いわゆる、パスタですね。
麺ではなくて、クルクル巻いているものですね。マカロニみたいな。
一食、250カロリー程です。小腹が空いたとき、かな。
お湯で三分間、できたよ〜っ☆
少し、固めです。これは老人や、歯が弱い方は、もう少し、戻す時間を長くしたら、どうかと。
頂くうちに柔らかくなってきて。少し、辛目です。
というよりも、お味がしっかりと、ついています。
ちょっと、気分を変えたくなったとき、など、良さそうです。
災害時は、気が滅入るだろうしね。楽しいものも、買っておいて、損はなさそうです!

 中の人による、グノーシス主義の、教義です。
たくさんの善人と、一人くらいの悪人のことに、関することですね。
中の人「ある囲いの中に善人の羊がたくさんおり、その中に、羊の皮をかぶった悪人の狼がいるときに、あなたは、ただの羊を助けようとして、善く行動しなさい。そしてあなたがいないときに狼が羊を殺めようとしているのがみえたら、狼が違反して、一言目は、その狼に忠告しなさい。二言目は、行動に移しなさい。三言目は、狼を狩る専門家に相談しなさい。たとえ狼を実際に殺めようとしなくても、あなたと羊を絶対に守りなさい。どこにでも悪魔がいて、あなたがみえないような困難を、持ってくるものである。あなたが悪魔に殺されそうなら、私が守る」。
恐ろしい、お話です。
ただ、実際にそういったことはあって、これは私とは違う件でしょうが、あるのですね。
狼を殺めようとするよりも、誰かに相談することが、大事であって。
抱え込んでは、いけないのですね。

アドナイさん「さて、私の、怒りも納めて。み力・ルミナラ、操作しておいておくれ」。
はあ、ちょっと前に、すでにやっています。

アドナイさん「驚いたか?お前の心と体くらいは、コントロールできるのだぞ」。
あんなに、力がでなかったですが、すでにもう回復しています・・・!なぜ。
アドナイさん「これが本当に、病気かな?まあ、頑張れよ」。
い・・・、いや、それ、本当なら、私は、働かないといけないよ。

ふう、イヤな記事は、これで消して・・・。
正直、悲しかったからね。人を傷つけそうで、しかも神様の、誹謗中傷じゃないかというようなことも書いてあるし。
やっと消す勇気・気持ちができて、消せたよ。皆様、ごめんなさい。
ガブリエル「でも、あなたが、被害者の場合もあったでは、ないですかね。そんなに、イヤがらなくても、良いのですよ。それくらいは、大目にみてくれていたでしょう?さて、とある方に対して、完全に閉じましたか?」。
はい。まさかあのような大昔の関係が、原因だなんて。
ガブリエル「きっとマトモな方では、なかったのですよ。良かったです」。
そういう子のふりして、よくもずっと、騙してくれたものだよ。

ガブリエル「さて、今までの記事に対して、閉じましたか」。
はい。
ガブリエル「今から探して、消したりとかは大変でしょうし、それで良いと思います。基本的な契約としての、み力・ルミナラに関して、契約しておいて下さい。なるべく、早めにね。周りが荒れてきたでしょう」。
は・・・、はい。

アドナイさん「まあ、お前には悪いなあ。つまりお前の、み力というヤツなのだ。タダで配ってもらってすまない。本来なら、悪霊が養うべきところを代理してもらい、つまり悪霊が養わないから、タダで配ってもらっているのだ。本当なら、お前に頼み込んでも、ダメなのだな。今は、たまたま、人間の世界にいるので、権限があって、養えるのだな。そういうのは、三位とか、ハイマスターとかいうけれどもな。ちなみに、ハイマスターというのは三位以上の、神様だな。そのハイマスターと密接に、関係しているのが、お前だな。生まれつきの、パートナーだ」。
ただ、魂の友というのか・・・。
アドナイさん「ある程度、自由な関係だよな。まあ、今までの消した記事で、お前が恥じたい記事が、あるのかもしれん。しかしそれ程、酷くもなかったし、そういう子からみても、共感できる記事もあったし、むしろ載せておいても、悪くなかったのだ。ただまあ、み力をだしたりださなかったり、人間を養う契約を変えるだのと、そういうのばかりだったからな、別に、消しても良いだろうよ。ただ、お前からしてみれば嬉しかったけれども、人間からしてみれば恐ろしいことで、お前からみ力が止まるというのは苦しみでな。利点はないのだよ。それで契約上消さなかった。分かるか」。
は・・・、はあ。

アースさん「まあその〜っ、女性に好かれる女性って分かるかな?」。
大体、想像はできるけれども・・・。
アースさん「男っぽくて実は女性で、全体的に、女性。コレはヤバイわけ、なのだね」。
何かこう、最近、やけに女性から視線を・・・。いや、それはないよーっ。

どうでも良いけれども、まだ、そのお話、続くのですか。
アドナイさん「だからな。たとえば、お前の母がショート・ステイの日にな、ご近所のそういう方が、お友達が急に都合が悪くて、とかいってな、お前を旅行に誘うとするだろう。でな、ホテルとかは、当然、二人で一部屋だろう。そういうのは、絶対、やめとけ!泊まりや、ホテルは、やばいからな。夜中に襲われても、逃げられないだろう?これ、本当だからな」。
い・・・、いや、ウソでしょう!何で、そのような支離滅裂なお話・・・。

そ・・・、そういう、お話より。
まあ、女性同士の恋愛は、別に、良いのですね。単なる恋愛の、お話ですから。
白いスーツの批判とか、なぜ、したのかというと。
女性が世の中にでてくる以前に、考えかたとか、弱っちい、です。
本当に実力で勝てば、男の人は、もっと自分からついてくるかも、です。それが男社会ですよね。
でもまあ、そういう、男社会のリスクを、背負う必要は、ないのですが・・・。女社会を作れば良いのですから。
ただ、この、中国が攻めてくるかも、とか。感染症が、とか。
一枚岩にならないといけないときに、単なる白いスーツって、白けませんか。
批判より、もっと一緒になって戦わないと、いけないのではないのかな。

とにかく、性同一障害のお話に、迂闊に触れるのは、失礼だし。
大体、私は、女の人に、もてないでしょう!それが当たり前ですよ。
ただまあ、変なことはあって。ちょっと、昔にです。
デイケアで仲の良い女の子と一緒に、パソコンを拝見していたところ。
急に、その子が、私のことをゲイかといって、聞いてきたのですね。
まあ、ただの冗談だと思いますが。そんなに、性別不詳かなーっ。

それでは、今週も疲れない程度張り切って参りましょう!


2021年3月5日(金曜日) まだまだ改良の余地アリなのかなあ

 新しくなった、こぴっくインクを、使ってみましたよ!
少なくなったとはいえ、それなりに量はあるし、大丈夫ですが。
フタを開けて、ノズルの長さ、確認して。確かにコレは、本体へ補充するのに、使うものだな。
ただ、裏技的に。
やっぱり、先からチョロチョロ、インクをだし。ペン先に、ポトリと。
かなり固いし、出し辛いですけれども。
それがかなり、良い感じなのです。インクがですぎず、補充していける感じですね。
コレ、なかなか、考えられているかもな。そう思いましたね。

 そしてコレを、買い揃えておけば。
いざというときに、バリオスインクへ、補充ができる、ですよね。
減ってきている色は少ないので、まだ、大丈夫ですが!
こぴっくインクのほうがダンボールへ詰めやすそうですね。量が、少ないのです。
ただ、横向きにして、詰め込むのかなと。
どちらかというと、縦向きのほうがやりやすい、です。とりやすかったり、色の番号がみれるなど、利点が多いですね。
その点で、バリオスインクは、便利なのです。基本、縦置きだからです。
ただ、ペン先に、ポタポタたらすと、たまにぽとっと落ちて。台無しにもなりますね。
良い収納方法さえ分かれば、なかなか、便利そうです。

 今回のイラストは、ドラゴンクエストのベホイミスライムです。
背景が何となくの、思いつきです(汗)。
風車?あまり目立たないです。
左フレームの、イラスト3よりご覧下さい!

ガブリエル「まあ、何だかんだいって。そういう子も、ただの人間なのですね。誰が、善だ悪だ、ではなく、人間なのです。そういうのが、小さい頃から、虐げられたら、世間に恨みも、持つのですね」。
まあ、そうだね。やりすぎるところがちょっぴり、何だけれども・・・。
ガブリエル「まあ、コレも一つの、更新です。朝から宅配便とお母様のことで、忙しかったと、思います。ごゆっくりどうぞ」。
また、母が、騒ぎ出したぞ!失礼〜っ!

魂の息子「父子・母子家庭、大変なことに、なってる」。
お前のいった通りに、なったね・・・。
息子「政府、お金、ださない。食べられない子が、ぱにっく、起こすね。なぜなら、今日明日、もっと食べられない。お腹、ギューギュー、いってる。成長不足、心配、以前、精神不安定も、お父さん・お母さん達心配してる。家庭、おかしくなってる、福祉、本当、役立たず」。
お前の怒りたくなる気持ちも分かるけれども・・・。

というよりも。
自分の都合で、他人を傷つけたり、楽しむために他人を傷つけたりする方に対し、閉じておきますね。
お祈りもお願いも、聞き入れないです。
もう、そうしますね。

何か、もう、イヤですので。
以前、悪い取り決めをしましたのでね。
悪人が良い報いを受け、善人が悪い報いを受けることを、逆にしておきます。
善人が良い報いを受け、悪人が悪い報いを受ければ良いです。

それでは、今週もお疲れ様でした〜っ☆


2021年3月3日(水曜日) 連載ミニ・小説です(イラスト二点UPしました)

 ヘルハウンドを倒して階段を昇り進んでいくと、ダンジョン内の空気が変わった。
空間がむせ返る様なマナで充満している。
「・・・恐らくあれは、ここだな。
全く、酷い目に遭ったぞ。」ゴスモグがそう言って進み出た。
しかし途端に膝をついた。自分も何だか力が抜ける・・・。
「あれは・・・、きっとコーバム鉱石ですね。」そう言うモウファスも力なげだ。部屋の先の方には祭壇があり、そこに何か光る物が見える。
それは周りのマナを吸収していた。
これが世界中のマナをじわじわと吸い取っているのだ。こんな物を放置していたら世の中は大変な事になるだろう。
「お前達どうしたんだ。
急に、皆してへたばって。」
ソンヤだけが普通の様子だった。彼女は戦士なので、あまりマナを持っていないのだ。
アレクスは部屋を見渡した。コーバム鉱石の所には落とし穴があり、そこからずっと離れた所に踏み石がある。
「ソンヤ。俺がここの部屋の罠を解くから、あのコーバム鉱石を取ってきておくれ。」
仕掛けを解いた後、ソンヤは進み出た。そしてコーバム鉱石を手に取った。
コーバム鉱石が祭壇から離れると、マナの吸収がかなりおさまった気がする。
「これ・・・。どうしたら良いのかな?
ここへこうして入れておこうか。」
ソンヤが背負い袋の宝箱にコーバム鉱石を入れた。
しかしマナを吸い取る力をまだ感じる。別の場所からそれを感じるのだ。
「死の区画はまだ三つあるからな。
・・・やれやれ、後これが三回もあるのか。」
ゴスモグに全く同意見だった。
ただ、ロード・カオスの野望を少しだけ阻止できたようではあった。

続ダンジョンマスター、第61回目です。
遂に登場!コーバム鉱石、です。
コレがもうとても、難解なのですよね。置いてある場所が。
皆様は苦労は、されましたか。私は、解けなかったような気がします。

 ストラスモアを買いました。
しかもたくさんですね!ま・・・、まあ、4種類ですが。
大きさで、4種類ですね。
一番、大きいもので、最大、幅が、60cm×40cmくらいあります。
大体、畳の、半分くらいですね。色鉛筆で、塗れるか、微妙です(汗)!
将来、福祉施設の作品展、やれるか、分からないですが・・・。
とりあえず買っておいてですね、いつでも、使えるように、です。
これだと、プリズマカラーも、ある程度、買っておいたほうが、良さそうです。プリズマカラーは、揃えかたが少ないです。使う色くらい、買っておいたほうが、まあ、良いです。
まあ、紙自体使うか、分からないですし!どちらにせよ、無駄遣いです(汗)。とほほほ。

何だかな、アースさんが、それだから結婚してと、いうので。
一応、承諾して、おいたのです。いつものパソコンで契約だけ書いて。
まあ、変な神様だったら、この、契約を消そう。そう思い。
・・・で、しばらくして。
また、いつもの、ご近所さん達とお会いして。
被害者の、おばさんとお話をして。まあ、いつも通りですね。
ただ、何か、いつもと、視点だけが変わったのかな?分かりません。
何だかその方が皆に避けられている、気がして。
後になってそのおばさんが、いなくなった後で、悪口をいっていた、ようです。
ありゃあーっ!?
お家に帰るとですが。
兄が、お昼ご飯を食べに、お部屋から降りてきて。
そうしたら父がきたのです。
そうすると兄がささーっと、いなくなってしまい。
ありゃあ〜っ!?また、です。
急に、ホロスコープですが、私は、結婚が鍵を握っており。
お相手が恋人だと、不運になるのですね。
まあ、気のせいだろ!アースさんが、変な神様だったら、やだなあ〜っ☆

還元祭をやろうと、思ったら。
もう、スキャンして、ためてあるイラストが、ないのですね(汗)。
それなので日常用にいくつかスキャンしておいて。
普通にUPしようかな。同じようなものを、たくさん、UPするのもなあ!

よく考えたら、まだ、スキャンしたイラスト、ありましたね(汗)。
一応、二点、UPしますね。緊急の還元祭、スライムタワーですね。

何だかいつもの文具屋さんにて。
変わった、色ペンを、みつけまして。注文したのですね。
普通の安さですが、色が混合されておりまして。
どういったものなのか、興味があって、買い求めましたが。お手紙で、使おうか・・・。

どうでも、良いのですが。
感染症は、インフルエンザみたいになって、時々、ワクチン接種が必要なのではと、兄が。
それなら、完全に収まらないじゃんか!
ここの更新や、コミュニティ・チラシ、どうするのさ。終われないじゃないか。
ま・・・、まあ、適当に収まってきたら、やめれば・・・。
あっ、そうかー、無理しなくても良いのだし。少しずつ、やめていけば良いか。
アドナイさん「一応、だな。時々、波をつけてやったりやらなければ良いぞ」。
タイミングは、自分で決めろって、ことかな。

それにしても、感染症は、収まりません。
ガブリエル「緊急事態宣言、見送りされましたね」。
うん。ギリギリセーフなのか、分からないけれどもね。
ガブリエル「もう、四月から、暑くなったら。移動自体が困難になってくる可能性もあって、宣言解除に繋がれば良いですね。まあ、なかなか、甘くはないでしょうが・・・。皆様、お疲れ様です」。
大阪はどうするのかな。
ガブリエル「これだけ、自由にできる状態は、これから、厳しさを伴うでしょう」。
感染者増、なのかな?

朝方。
挑発的な夢で、目が覚め。
起きたら、連続的に、また、挑発的なことが起きて。
ものすごく腹が立って、すぐ、ルミナラを消して。ガブリエルさんに、文句をいって。
一階に降りて、朝ご飯を頂き。
み力とガブリエルさんの権限を消し。
しばらくして。自分が寝ぼけていることに気がつき。
慌てて着替えて色々点けたのですね。ガブリエルさんが、謝ってくるまで気がつかなかったよ・・・。


とっぷへ戻る