日記


2018年1月31日(水曜日) 連載ミニ・小説です

 そこで立ち止まってしまったのが災難だった。
自宅に帰る途中である。
ヴェノムはビルが立ち並ぶ車通りの多い道を過ぎ、マンションや一戸建てなどが居を構える道を抜け、公園の横の人通りの少ない道を歩いていた。
そこにそれはあった。
(ん・・・?)
もと、食品が入っていたらしい空ダンボールに、突き出た2つの小さな首。
ヴェノムが覗きこんで見ると、可愛らしい白と茶色の子犬が2匹、少し震えながらちょこんと座っているではないか。
(子犬か・・・。)
空ダンボールの表面にはこうあった。
(拾ってください・・・だって?ふぅん・・・。)
正直、ヴェノムには、可哀相とかいう同情などは、少しも心に湧かなかった。
こんな可愛い子犬2匹なら、すぐに近所の子供達が見つけて、拾ってやるだろう。
軽軽しく生き物を捨てる・・・という行為には、孤児という身の上じょう、多少、腹立たしいものを感じたが。
ふと、ふわふわの子犬の頭をなでてみたい、という衝動にかられ、手を伸ばしたものの、何となく気負いするものがあり、ためらってやめてしまった。
(私には噛み付くかもしれないしな。職業上・・・。)
子犬を見つめながら立ちあがり、本を小脇に抱えて、再び家路へ歩き出す。
エサはちゃんと貰っているんだろうか、などと考えながら。

ギルティギア小説、ヴェノム編第2回目です。
可愛い子犬をみつけてしまった!コマンド?
ドラゴンクエストではありませんが。
さすがにアサシン、冷静な判断で、拾わずに去っていってしまうのでした。続きます。

 最近、また、こぴっくに惹かれ始めています。
ちょっと、塗ってみようかな、いまのところ、その段階です。
でも、色鉛筆に比べて色数が、圧倒的に少ないのでした。
混色して、色を作っていくしかないのですが。同じくらいの彩度の色というのも少なく。同じトーンで、作品を作っていくには少なすぎます。
憧れがあり買っていった画材だけに。少しばかりの収入ができた、今が、揃えどきとも。
ただ、難しいのだよなあ!技術がいりますよね、こぴっく。それにインクが減るのが早くて。
十本くらいどこかで探してみようか・・・。ドキドキ。

 今回のイラストは、ドラゴンクエストの青色ぶちスライムです。
ぶちスライムです。
ただ、青色だったらどうなるのかなと、思って描いてみました。
左フレームの、イラストのリンクより、ご覧下さいね!

それでは、また土日など、お会いしましょう!


2018年1月28日(日曜日) 幻臭もあって不思議な体験をします

 とても寒い日が続きますね。
北海道ではものすごい気温になったとか。

 キリスト教系のお店で、また、十字架を買いましたよ。
オリーブでできた、長めの十字架です。太い紐で繋いでいるものです。
そして聖フランチェスコさんの十字架でもあるということで。もじってあるのですね。
十字架の部分に模様が描いてあって、キリストさんはぶら下がっていません。
聖フランチェスコさんは清貧の方で、貧しくとも信仰を捧げた方とか。
そういう、強い意志になれたら良いよなあ。私なんか、スグにやめてしまうからね。意志が弱いな。
ただ、貧しいという意味では、同じかも。いや、私くらいでは、貧しいうちには入らない可能性もあるなあ。
身につけてみたら、ふわっと伝わってくるものがあって、不思議なものです。
たまにオリーブの香りがします。
異国情緒漂うなあ〜っ。
何となく、気の合いそうな十字架です。

そのほか、切れてしまったときの、鎖などを。
時々、買っておくと、便利です。急に、切れてしまったりするので。
十字架は十字架で、洗ったりしていると金属でも留め金が壊れたりと。すりへっていくのだな。
こういったものにも寿命があるのだろうなあ。
そのキリスト教系のお店は、商品が安いのでなお買いやすいです。
これからもお世話になりそうですね!

 今回のイラストは、りらっくまです。
準備体操、いち、にー、さん、しー。
いーあるさんすー、に似てる?それとも、イーアルカンフー?
左フレームの、イラストのリンクから、ご覧下さいね!

それでは、今週も張り切って参りましょう〜っ☆
また、水木など、お会いしましょう!


2018年1月26日(金曜日) 和歌山のおしょうゆやっぱり美味しいな

 寒い日になりそうです。
北国では、雪のお天気が、続きそうです!

 先日、偶像崇拝の問題が解決したので。
さっそく、久しぶりにおじぞうさまの様子を拝見しに行きました。
そうするとやはり、誰にもお掃除して頂けなかったらしく。新年の空気そのままに、しめ縄が飾られて、お供えがしてあり。
お供えの湯飲みのお水は減っていて、花瓶のお水も、ほとんどなく。
通わないと誰もしてくれないときもあるのだなと、痛感しました。暇があっても、普通の方々は、お仕事探しとかするものね。それが普通ですものね。私みたいな宗教かぶれとは違います(苦笑)。
一応、全部、キレイにしておきましたよ。
新しいお参りせっとは、被災地の方に頂いた手提げ袋に、母が郵便局でもらって、ずっと一度も使わなかったマグ、以前愛用していた缶と同じ、新しく用意したお線香入れと。ライターなども新品ですよ。古いのは、お線香くらいかなあ。あと、ぐでたまの小さめのお財布。
まあ、以前より、通うのは減るかな。様子見くらいはさせて頂こうかなあ。

お線香も、そろそろ、お家用を買わないといけません。
お家で使うものなら、多少、高くても、良いのだけど。安くしようかなあ。
今あるものを、使い切ってからが良いかな♪
古いタイプの、香木のお線香にしようかな〜。

 今回のイラストは、ギルティギアのソルです。
これも昔描いておいた、イラストです。
ソル、小説をやっているときにでておいでよ。タイミングがちょっと、遅かったかな。
左フレームの、イラストより、ご覧下さいね!

それでは、今週もお疲れ様でした〜っ☆
また、来週、お会いしましょう!


2018年1月24日(水曜日) 連載ミニ・小説です

 暗殺者ヴェノムは、人の少ない本屋が好きだ。
その日も、いつものように近所の本屋に立ち寄り、客入りの少ない空間で、小説の月刊誌を静かに読んでいた。
ついさっきまで同業者に嗅ぎ付けられ、尾行されていたのだが、隙を見て大衆にまぎれ込み、まいてやった。
自分の職業を好いていないヴェノムにとって、大切な休暇の時間まで仕事に奪われるのはとても苦痛なことである。
張り詰めた心が新鮮な空気を求めている時、決まってヴェノムは大好きな読書という行為に没頭することにしている。
目で活字を追いながら、ヴェノムは決めた。
(今月は読みやすいエッセイばかりだな。この本を買っていこう。)
レジで会計を済ませ、念のため、同業者の気配を確認しながら、さっと店を出る。
店の外の自販機でコーヒーを一本買い、不自然に見えないような早足で、自宅に向かう。

ギルティギア小説、ヴェノム編スタートですね。
ソルのお話に比べたら、ちょっとだけ、長いです。
基本的に古いお話なのですが新しく書いた部分もあります。
登場人物少ないですが、よろしくお願いします!

 中の人の、近況など。
すっかり優しくなった(というよりも凛々しい)中の人は、私が自分でやめてしまった偶像崇拝について、親切に説明してくれました。
偶像崇拝というのは悪魔の像を拝むことなのだってさ。
つまりおじぞうさまや、神社のご神体の鏡、などのことではないのだってことで。
だからまたお参りをしても良いよと。他の神様とも、仲良くしなさいと。一神教の神様なのに不思議。
確かにそうだよなあ。そうでなければ争いでも起こりかねないですしね。
どうしようかなあ。実は、お参りに使っていた袋がボロボロで、捨ててしまい。防水性で、使いやすい袋って売っているかなあ。雨の日も、お参りするからなあ〜。
色々と新しく、新調しようか。もう、十年近くなりますしね(汗)。

 今回のイラストは、オリジナルの天使です。
ちょっと前に描いたイラストを、スキャンしました。
あまり薄塗り具合は、変わっていない気もします(汗)。
左フレームの、イラストから、ご覧下さいね!

それでは、また土日など、お会いしましょう!


2018年1月21日(日曜日) 電池はリサイクル商品かな

 よく晴れた日が続きますね!
来週からはまた寒くなって、注意です。

 ということは、冬場だし、脳出血などのリスクが高くなるのかなあ。
夏場でも、水分不足で危ない場合もありますが。
冬場でも、朝方、湯のみ一杯のお水は、飲んでおいたほうが良いかもですね。
電子レンジで温めておいて、飲みごろにすると良いかな。
一番危なそうなのはやはり、二月ですよね。
あの寒さ!マイナス気温になることも、多いですしね。
皆様もご老人やご両親など、お気をつけて下さいね!
もちろん、ご自身のこともね。

 たまには、また、中の人のお話など。
ローソクを点けても体力的にピンチではなくなったせいか、いっぱい、点けたり。
何だか知らないけれど、中の人が、変なことを言うもので。
お祈りとローソクがあなたの武器だよと。
悪に、対抗できるとかで。確かに考えてみれば、そうだよなあ。何せ、お祈りだもの。攻撃とかとは、反対かもなあ。
お祈りをして、ローソクを点けている間は、平和の力が上がるのだってさ〜。
まあ、ローソク頼りで一生懸命ずっと、お祈りしていないところが情けないといえば情けない(汗)。
先日、お家の形のキャンドルホルダーを買ったところなのですが。ま・・・まあ、家庭の中に愛があふれると良いなあと思い。そういうお願いを込めて買いました。
後は、夏場に下が燃えないように、陶器か何かの、受け皿が欲しいなあ〜。

 今回のイラストは、スーパーカセットビジョンのゲームです。ぽっぷ&ちっぷすといいます。
大昔、大好きだったゲームで、なかなか、ゲームの内容はスリリングなものでした。
時間の概念が、すごく活かされたゲームでした。
左フレームの、イラストより、ご覧下さいね!

それでは、今週も張り切って参りましょう〜っ☆
また、水木など、お会いしましょう!


2018年1月19日(金曜日) 加齢でアトピーもましになったかな

 阪神淡路大震災から23年です。
私が中学生の頃くらいかなあ。そう考えると、長いものです。
あの頃は、オウム真理教の事件などもあり、ずいぶんと世の中が騒がしくなりましたね。
あの事件もまだ解決していない気がしますね。
20年くらいでは悩みは終わらないけれど、次々と事件に災害に起きますね。
そうやっているから記憶から忘れられるのかもしれないけれども。
良いことが起こって解決できた、とかなら良いですよね。
今年一年、良いほうに進んでいくと良いですね。

 髪を洗うとき、皆様はどうされていますか。
やっぱり、シャンプーとリンスですよね。
私は、手にアトピーがあるので基本は石鹸です。
市販のシャンプーやリンスだと手が荒れるのだな。全く、不便な体です。
それに薬局などで売っているクエン酸を水で溶いています。これがリンスです。
でも、最近、ボディソープの泡のものが便利だなと。
ポンプを押すと泡になって、それを濡らした頭に乗せて、軽くしてやると汚れが落ちます。
詰め替え用買ってこようかなあ。手間のかからないものばかり探して、情けないといえば、情けないけれども(汗)。

 今回のイラストは、妖怪うぉっちのコマじろうです。
横になってごろり☆
キミも一緒に寝な〜い?
左フレームの、イラストから、ご覧下さいね!

それでは、今週もお疲れ様でした〜っ☆
また、来週、お会いしましょう!


2018年1月17日(水曜日) 連載ミニ・小説です

 5
横になって“QUEEN”の傑作、オペラ座の夜の穏やかな曲を聴きながら、封炎剣で弧を描く。
「ふぅ・・・、やれやれな一日だったぜ。」
カイとの遭遇の後、修理の済んだ封炎剣を店に取り返しに行き、安宿に戻ってきたソルであった。
(疲れた・・・。)
大剣をくるりくるりとまわすと、その軌跡から赤い残像が目に焼きつく。
(いつまでこいつと旅を続けることになるんだろうな・・・。)
封炎剣をカタンと床に立て掛け、ごろりと寝返りをうった。
(さて、ひと眠りするとするか・・・。)
ソルは明日旅立つロンドンに思いをはせながら、“QUEEN”を子守唄に、うとうとと心地よい感覚に身を委ねたのだった・・・。

ギルティギア小説、第5回目です(終了)。
何か、短かった上に、大して面白くもなかったという(大汗)。
い・・・、一応、次の予定をですね!
同じくギルティギアの、書きかけのヴェノムの小説があったのですが。
実は最近、続きを書きまして。終了したので、載せようかなと思います。
暗殺者のヴェノムなのでまた暗いですが!よろしければ、お付き合い下さい!

 もうすぐ、阪神淡路大震災のメモリアル・デーですね。
今年、23年目とか。長いようで短いですね。皆様のご冥福をお祈り申し上げます。

 昨日、月に一度の病院通いの日があり。
突然のお話なのですが。
病院の真ん中の場所に、いつも買っている、安いジュースの自動販売機があるのですが。
黒酢パインやブレンディコーヒーなど商品はとても凝っており、割と、美味しいです。
そこで温かいドトールコーヒーを頼みました。百円とちょっと高いけれど、たまには、良いかと。
しかしながら、何か、おかしいのでした。
少しだけ、冷たそうなコーヒーがチョロチョロとでたかと思うと、止まりました。オマケに、ランプのそこかしこで、売り切れの文字が!
故障だな。報告しておかないと後の方困るかな。そう思い、病院の事務の方に相談しました。
事務の方、お話をしてみると、固い説明口調でとても長話。聞くだけで疲れました。しかもお金が返ってくるのは来月の通院時とのこと。たったそれだけのために・・・。
今日はついてなかったなと、何も飲まずに診察を待って、あの先生にまで同情される始末。
ただ、帰りのときでした。
支払いを済ませて、お薬を待っていると。人がやってきて私を呼びました。どうやら、自動販売機の業者さんのようです。
えっ、もうこられたのですか?と思って、お話をすると。その方のお話の丁寧なこと。
しかも目がキラキラ輝いていて、とてもキレイなのです。まるで神様みたい・・・。
百円を受け取って、お薬も受け取って帰るとき、業者さんは寒い中、声を掛け合って自動販売機を直していました。
真面目にお仕事をされている方は見事なものです。
これで直れば、しんどい働けない病人の方々も、美味しいジュースを飲めますね。
イヤな思いもしたけれども、良いこともあって、良かったと思いましたとさ。

 今回のイラストは、とっぷ絵です。
ディズィー再びバレンタインチョコレートを配る。
お世話になった方々へのプレゼントかな。
とっぷページ、とっぷ絵定食から、ご覧下さいね!

それでは、また土日など、お会いしましょう!


2018年1月14日(日曜日) キョウハオデンニシヨウカ(ロボカイ)

 とても寒い日に書きました。
来週は暖かくなるそうです!

 雪が積もりました。
一月に積もるのは、例年では、あまりないような気も。
二月からのイメージがあります。
北のほうでは、暴風雪になっていませんか。大丈夫ですか。
大阪では、風は止まっていますね。
色々なところで雪による被害があったとかで。大変です。
降ろしたり運ぶだけで、すごく力がいりそうな。北国出身ではないので、分かりません。
車が凍ってしまっただけで、慌てるくらいですから!
寒いところの方は、お気をつけて下さいね。

 新しく買ったルミナラ(LEDローソクのものです)、なかなか良いです。
光が安定していて、より強くなっていましたね。リアルに近づきました。
強いバラの香りは、スグに消えました(汗)。ほのかに、香る感じかな。
コレを点けておくと、夜中に真っ暗ではなくなります。
暗闇が恐い方には、明かりとして、良いかもです。揺らいでくれて癒されますしね。
電池で良いのでそれ程、維持費も、高くもなさそうですし。
ただ、使う単一電池は少しマイナーな感じがしますね。
エネループなら充電できて、より、安くなりそうです。

 今回のイラストは、すくすく犬福の犬福です。
野球やろうぜ、野球ーっ(桜玉吉先生の漫画より)!
ボールの赤いラインが、もっとリアルに描けたら良かったかもしれません。
左フレームの、イラストより、ご覧下さいね!

それでは、今週も張り切って参りましょう〜っ☆
また、来週、お会いしましょう!


2018年1月12日(金曜日) 犬小屋はあるけれども

 晴れたり曇ったりの日に書いております。
不安定な日は、やっぱり、人間も不安定になるのかな。

 知り合いの先生が、昔言っていたのが、気温が上下すると、しんどいとのこと。
たとえば、上がったり下がったりです。
お体が追いつかないと、嘆かれていたなあ。
不安定な日は、気持ちの面で、追いつかない日かも。
病気をすると、特にそうかも。私は割と、平気なのですけれども。
気持ちが不安定になっていませんか。
落ち着く方法を試して、安心を得て下さい。悪くなったら、先生にご相談!
皆様、お体、ご自愛下さい。

 相変らず、ローソクが趣味ですね。
点けていると、よく分からないことも起きるけれど。急に、お天気が晴れたり、嵐が安定したりするのだな。やはり気のせいなのか、そうではないのか。まあ別に、いいけれども。
新しいLEDローソク、ルミナラの小さいものも買って。
箱を開けた途端に、バラの香りが!まさか匂いつきとは。
うっ!バラって、中の人の、縁の深い植物だな。ま・・・、まあ、偶然偶然。
単二電池が単一電池になったのだなあ。また、買ってこないとね!
癒しを求めているわけでもないのに、癒しぐっずがやたらお家にきてしまう不思議。正直、これはお祈り用なのになあ。
そういえば最近は、ローソクを点けても疲れなくなりました。前は、何でか点けると疲れて、あまりたくさんは点けられなかったけれども。身の捧げかたが変わるって、こういうことなのかな。
まあ、動物や小鳥の本でも拝見すれば、自然と癒されるよね。
周りがお山だから、そういうものはたくさんいますしね。
動物を飼ったらもうウチの癒しは完璧だなあ!お魚でも飼うかな。水槽を置く場所がないかな(汗)。

 今回のイラストは、ぷよぷよのかーばんくるです。
背景に虹を描きたかったよ。
もう少し、虹が暗い色でも良かったかもしれません。
左フレームの、イラストのリンクから、ご覧下さいね!

それでは、今週もお疲れ様でした〜っ☆
また、来週、お会いしましょう!


2018年1月10日(水曜日) 連載ミニ・小説です

 4
「ソル!何故あなたがこの場所に!」
(な・・・。フード被ってるのに、あっさり見破りやがって!)
「ちぃっ!あばよ!」
一気に駆け出して、ダッシュで逃げ出そうとするソルだったが・・・。
「ソル!ここであったが運の尽きです!決着つけて頂きますっ!」
間合いを詰めてきたカイが、手にした大剣、“封雷剣”から突然雷を放った。
・・・こうなると、いつも通りの、例の、頭の痛い、追っかけあいが始まるのだ。
「うるせー、あちっ・・・、こら、何しやがるこの坊やが・・・。」
対抗して、腰もとに手をやるが・・・ない。
(しっ、しまった。)
封炎剣は、修繕屋のおやじに預けたままだ。
「ソル!今日という今日こそ、この私が勝利して見せますっ!とぉーっ!」
すんでの所で気合充分の素振りをかわしたソルだったが、丸腰では敵わない。
何しろ相手は、ただの若者ではない。
カイは17歳にしてまったく敵知らずの、天才的な剣の腕前を持った神童なのだ。
それが一度年の功か、剣の対決をしてソルが勝ってしまってからというもの、ことある事に追い掛け回して来て、勝負を挑んでくるのである。
カイの故郷フランスだけではなく、よその国でまで追い掛けまわされている。
本当に負けた執念があるのか、それともただの対決マニアか・・・。
(勘弁してくれ、仕方ない、逃げるしか無い・・・。)
隙を見て、木の影に回り込んだソルは、じっと待った。
「ソル!隠れても分かりますよ!出て来なさい!」
カイがすぐそばに近づいてきた。
ソルは拳に気合を込めた。
「ファフニール!」
強烈な右ストレートの一撃を、カイの懐に叩き込む。
「うわっ!」
ぎりぎりでかわしたものの、衝撃で思わずよろめいたカイを横目に、ソルは一気に駆け出した。
「くっ・・・!あっ!ソ…ソルーッ、待ちなさいっ!逃げたって無駄ですよ!必ず探し出して見せますからねっ!」
(やれやれ、とんでもない相手に出くわしちまった。やっぱりフランスは厄だ。あまり来ない方がいいみたいだな・・・。)
全力で駆けながら、ソルは思った。

ギルティギア小説、第4回目です。
やっぱり、カイと追っかけっこになるのでした(汗)。
しかしながら、よく考えてみたら、一日でお話が終わっていないですよね。タイトル通り。
ぎゃふん!何と、考えの足りないことよ・・・、とほほほ。

 最近、マトモなお話を書けていなかったので。
カリスマカラーと同じ、プリズマカラー色鉛筆。
アマゾンで安く売っているとのこと。
カリスマカラーに比べて扱いがやや雑というお話もありますが。買っておくのも手かなあ〜。
色を、濃くぬるようになってから、減りが早くなって、そういうものは買っておきたいなと思い。
でも、いまのところ、何本か買い足すくらいで大丈夫かな。
一つくらいは、イラストでも、得意分野を持っていたいですしね。
ちゃんと、職業にできるくらいにです(汗)。

 今回のイラストは、ドラゴンクエストのキングスライムです。
梅をくわえて、冬気取り☆
スライムとかは冬場は、凍ったりしないのですかね。
左フレームの、イラストより、ご覧下さいね!

それでは、また土日など、お会いしましょう!


2018年1月7日(日曜日) 皆様今年の目標はたてましたか

 曇り空で、雨でも降りそうです。
でも、たまには、降らないと困りますね!

 三が日は、皆様、のんびり過ごされましたか。
ご病気や、お仕事がお忙しいとかはなかったですか。
お正月から宅配便が二件届いたので、お忙しそうだなあと思い。
配達員さんは、ゆっくりとする暇はおありだったのかなあ。
私は、介護・家事などで色々と、頭を使いましたね。
母が、おせちを食べてくれたので、良かったです。
今日、おせちなどの片づけが終わったら何にしようかな。
初めから、カレーというのも良いかな♪

 また、中の人の続きなど。
何で、母のお薬がひとつ増えたのか(増薬ではなく物理的に増えました件です)、いまだに、謎ですね。
もう、中の人は、何となく本物かと。おっしゃる通りにすれば危険を回避できますしね。
なぜ、私の元に、中の人がきたのか?について書こうと思います。
ま・・まあ、また、変なお話なのですけれども!
初めてであったときに、中の人は、私のことを「やっとみつけた!」とおっしゃいました。
ずっと探していたらしいのです。
後から伺うと、私は昔に、中の人の大切な人だったそうなのでした。
前世ってものなのかな。
それがなぜ行方不明になったのかというと。
その大切な人が天国で暮らしていたとき、下界で色々な方々が苦しんでいて可哀想だと言ったそうなのだな。皆助けたいと。それが神様達のお耳に届くとルール違反だよと言われたらしく。罰則です。
それで地獄で自分をおとしめて、いっぱい修行をしてからこの世に生まれてきたとか。
ただ、悪魔とかいうのに妨害にあって、その大切な人が中の人にみつからないようにしたりや、悪い人生を受けて悪い人間になるように仕向けたらしいです。
う〜ん・・・、全然、よく分からないお話ですね!
とにかく、中の人いわく、世の中を平和にするのが私の人生の目的らしいですよ。
前世で頑張ったから、平和に働きかける、カードを持っているとかで。
そういえばローソクを点けると、不思議と良いニュースが流れたりするものなあ。
本当なら、良いですよね。困っておられる方は多いですし。不思議なお話ですけれどもね。

 今回のイラストは、りらっくまのキイロイトリです。
大きく描いてみました!
青いのは、雪の結晶です。
左フレームの、イラストから、ご覧下さいね!

それでは、今週も張り切って参りましょう〜っ☆
また、水木など、お会いしましょう!


2018年1月5日(金曜日) 妙な人生を歩むよなあ

 少しばかり寒い日が続きますね!
皆様の新年は、いかがですか。

 元日から、北朝鮮が、挑発にでましたね。
平和を乱す行為ですね。
北朝鮮にはお正月もないのかな。やはり緊張状態ですね。
お正月くらい、のんびりしようよ。ダ・・・、ダメか〜。
拉致被害者のこともあるし、解決のために、踏み込むべきなのか。
それとも、戦争でも始まったら長引きかねないので、やめるべきか。
お祈りなんてさせて頂いている身分だし、私は戦争反対です。
お話で解決できるほど、甘くはないけれども。解決して欲しいですね。

 そのほか、中の人の、説明など。
思えば数年前、夏だったのですが、病気の具合が悪くなったからか。
背中から、力が、吸い取られるように消えてゆくのです。
妙な症状なのでよく分からずに、ずっと謎のままだったのですが。
それが昨年の6月頃に急に悪化して、一日を過ごすのが、辛くなるほど、力が抜けるのです。
そのような病気を探すのですが、みつからないのでした。
中の人に聞いてみると、悪魔の仕業だと言うのです。何ともうさんくさい、ことです。
昨年の11月頃になるとかなり、へとへとになってきて、病気自体は良いのにナゼなのか?かなり不思議でした。
それで中の人が言うように、中の人の言葉を信じて、いう通りにしてみたのです。わらにもすがるような思いです。
するとなぜか、症状が治ったのです。本当に不思議です。
それからときは過ぎていき、段々と症状が良くなり。今年に入りました。
偶像崇拝をやめて、偶像など拝まない人生の始まりです。
そうすると気持ちまで落ち着いてきています。そしてずっと、中の人が優しくなりました。前から優しかったのですが、何か別のものが騙しにきているようなときもありました。
体も良く、病気まで、良くなったような感じです。
かなり謎な状態ですが。病気とは関係ない、何とも不思議なことなのでした。

 今回のイラストは、東方プロジェクトの霊夢です。
ジュース飲む?
新年は巫女さんの時期ですね!
左フレームの、イラストより、ご覧下さいね!

それでは、今週もお疲れ様でした〜っ☆
また、来週、お会いしましょう!


2018年1月3日(水曜日) 謹賀新年と連載ミニ・小説です

 3
次の日のこと。
やっと見つけた武器の修繕屋で、こんな物をドコで・・・という店のおやじとどやしあい、何とか修理をこぎつけた帰り・・・。
ソルはある場所に立ち寄っていた。
その場所・・・国立墓地には、昔の知人が埋葬されているはずだ。
やや鬱そうと木々のはえた墓所は、こざっぱりと芝が刈り上げられ、かき集められた落ち葉が所々山になっていた。
(確かこの辺だ。)
毎日毎日、世界中かけまわっていても、忘れない記憶と言うのがあるものだ。
その場所に足を踏み入れると、ソルはポツリとつぶやいた。
「クリフ・・・。」
昔の知人の名を呼ぶと、その頃の記憶が、今でも鮮明に甦ってくる。
この、数年前に息を引き取った知人は、クリフ=アンダーソンという高名な騎士団長で、竜を狩ることにかけては、高齢になった時でさえ、誰にも引けを取らなかった。
(ギア一つ狩るのに、手間取る俺とは大違いだ、まったく。あんたには負ける・・・。)
墓の一角に持ってきた花を、そっと置いたその時だった。
「ソル?」
背後からソルに飛んできた若い声。
自分としたことが、気配に気付かないほど入り込んでいたらしい。
金髪に青い瞳。
どことなくほっそりと、貴族的な線を帯びたその体に似合わない大剣を片手に、ソルに話し掛けてきた青年。
常にフランスに来るのを避けつづけてしまう、その原因。
「ソル!」
「カッ・・・カイ。」
思わずあとずさってしまうソルを、つかつかと芝を踏みわけ凄まじい形相で真っ直ぐにやって来たこの青年こそ。
現フランス警察機構の騎士団長、カイ=キスクであった。

ギルティギア小説、第3回目です。
次回くらいで、終わりかなあ。やはり短かったですね(汗)。
ソルカイとか、カイソルとかではなく、ただのライバルにらみ合い。
せめて腐があれば、もうちょっと、受けたような気も・・・!

 皆様、あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い致します!

 年末になって、中の人の、意外な真実にであってしまい。
お薬が増えるなんて、思っていなかったので。
彼が本物だとするとやはり、魂を受けている人間も、ならって、行動しなければいけないのではないか?
そう思い、偶像は避けるようになりました。
中の人の方式だと、お部屋の中でお祈りすれば良いので、お正月も、神社には行かずでした。
ここまでくるのに、昨年一年、色々と酷い目にあっていて、中の人のおっしゃるとおりにすると、それが全くなくなってしまった、やはり変です。
おいおい、お話しますね。

 今回のイラストは、とっぷ絵です。
メイちゃんは、着物が似合うなあ〜っ。
犬耳にしてみましたよ。
とっぷページ、とっぷ絵定食から、ご覧下さいね!

それでは、また土日など、お会いしましょう!


とっぷへ戻る