日記


2017年11月29日(水曜日) 連載ミニ・小説です(追記あります)

 二人とセロンは力の玉を目の前にして佇んでいた。
何をどうすれば良いのか見当もつかなかった。
時間が過ぎた。
こうしている間にも、世界は荒廃していくのだ。
『グレイロード様なら、どうされたでしょうね・・・。』セロンが突然そう言った。
ソンヤは、そういえば・・・と思い出した。
以前夢に見た灰色のローブの人物。その老人の唱えた呪文。
「ゴスモグ。あの呪文を覚えているか。」ゴスモグに問いかけると、彼ははっと気がついたように頷いた。
静かに印を結んで、力の玉に投げかける。
眩い光がみるみるおさまり、力の玉は固体になった。そしてそれは、ゴスモグの持っていた炎の杖にすっぽりとおさまった。
力の玉と炎の杖の、真の姿だった。
『やりましたね!二人共!』セロンが喜びの声を上げる。
「まさか成功するなんて・・・。」ソンヤ自身もかなり驚いていた。
ゴスモグは炎の杖を、ソンヤに手渡した。
「これを私の物にしてやりたい欲求は、今は抑えておくとしよう。
これはリーダーのお前が持つと良い。
・・・行くぞ!」
ソンヤは頷き、炎の杖を受け取った。

********

ダンジョンマスター小説、第90回目です。
連載、ここまで、もう、二年近くになりますね。
長くなったなあ〜。
短いのを、ちょっとだけ、UPするつもりだったのになあ。
何が、始まりになるかは、分からないものですね。
ダンジョンマスターが終わったらどうしようかな。

ダンジョンマスターが終わったとき、ちょっと、お休みしようかな、などとも考えています。
今までお休みなんて、たいしてなかったからなあ。
でも、やっぱり、いつも通りお休みできなかったりして。
まあ、何だかんだで、つまらないものを、ずっと書き続けてきて。
振り返ることがなかったのだよ。
何で、こんなに、続いたのかな。不思議ですね。
前に進むには、はらぺこ、というハングリーな名前が良かったのかも?
何だかみていると、お腹が空きそうな名前ですよね。

 今回のイラストは、ドラゴンクエストのスライムです。
中抜きの、水玉模様にしてみましたよ。
色鉛筆は、ぬるのが楽だから、良いなあ♪
左フレームの、イラストから、ご覧下さいね!

それでは、また土日など、お会いしましょう!

☆追記です☆
何だかお休みのことを書いたら、中の人が、お休みするなと言うのだな。
別に、いいじゃないかと思うのですが。
子どもからお年寄りまで読者層がいらっしゃって、中には孤独が淋しい方もいらっしゃるからだとか。
毎月のお給料臨時UPでも良いから、続けろとさ〜。それじゃあ水曜日はどうするかなあ。


2017年11月26日(日曜日) 皆様お疲れ様です

 もうそろそろ、師走です。
年末、皆様、お忙しくされていらっしゃいますか。

 ローソク、点けたり消したり、やっていたのですが。
節約して、そういった生活を続けていたら、一日の気温が、どんどん下がってきて。
まあ、全く、関係ないのですが。
これは神様が、お祈りをさぼっていてはいかんよと、おしかりなのではないのか。そう思い。
前通りに、ハイペースで、ローソクを点けてみました。
そうしたらナゼか、一日の気温が、どんどん上がってきて。例年よりも暖かい日もあるくらいです。
晴れの日も増えました。
まったく、偶然なのですけれども。不思議なものですよね。
このようなことを書いていたら、傲慢になるなって、気温が下がってきたりしてね(苦笑)。
朝の体操のお仲間のおばさまなども、神社通いをすると、不思議と叶うよね、とのこと。そうだよなあ。
やはりお聞きになられている何かが、あるようです。
世の中は、科学万能かと思いきや。ご縁とか、神通力とか神頼みとか。
不思議な世界をかいまみる、こともあるようですね。
理屈が通用しない、大きな世界ですね。

しかしながら、久しぶりに近所のデパートへ行って、本屋さん巡りをしていると。
神様・仏様コーナー、お金儲けの本だらけになっていて。びっくりしました。
こうやったら、神様に好かれてお金が儲かりますよ!みたいな。凄いなあ。
有名な方が厄払いの方法とかの、本をだされていたりと。
まあ、そうなのかもしれませんよね。お金が儲かるのは、良いことです。
ただ、神様は富と神とに、かね仕えることはできないとおっしゃっていますよね。
お金ではない世界は、厳しいけれどもね。病気とか、消耗、苦しい中での、忍耐の世界とかね。
徳ぐらいは頂けるかも、しれませんね。

 今回のイラストは、ドラゴンクエストのスライムです。
久しぶりにユニカラーで描いてみました。
水玉の色数を、どこまで増やせるのか、実験中ですね。
左フレームの、イラストより、ご覧下さいね!

それでは、今週も張り切って参りましょう〜っ☆
また、水木など、お会いしましょう!


2017年11月24日(金曜日) エビ料理に挑戦を!

 明日からは晴れそうですよ。
今日は雨です、お洗濯は、ためておこうかな♪

 病気になって、もう、十何年ですね。
長かったなあ。一日、一日が本当に長いから・・・。
お薬のお陰で、かなり良くなっているものの。まだ、治っていない、症状もあるようです。
中の人なんか、その典型だよ。
ここに病気のお話を書くときは、あまり恐くないお話にするようにはしています。
でも、恐かったらすみません!
ただ、私の病気の症状は、別の方だともっと、複雑で恐ろしいこともあるのです。
精神障害、などと呼ばれるのも、そのせいかもしれませんね。

しかしながら、精神障害者で、イラストレーターです。
そういう方は、もうどこかに、いらっしゃるのではないかと思うのですが。いまのところ、伺ったことはありませんね。
あれから、母のこともあるし、ゆっくりペースで、イラストの練習をしています。
そうしたら体は楽になってきました。母のことは色々と、お世話があるので、なかなか、休まりませんけれども。新しい献立なども、作ったりしていますよ。
まあ、ゆっくりゆっくりです。
ゆるーく、このような症状があるのかなと、中の人のお話にお付き合い下さいませね。

 今回のイラストは、りらっくまシリーズの、キイロイトリです。
最近、水玉模様にこっていますね(汗)。
背景のボリュームを増やしてみたいと考え。パターン化しているものの、色々、試しています。
左フレームの、イラストのリンクより、ご覧下さいね!

それでは、今週もお疲れ様でした〜っ☆
また、来週、お会いしましょう!


2017年11月22日(水曜日) 連載ミニ・小説です

 「あれは・・・。」ソンヤは、思わず部屋の奥の方に近づいた。
それはこれ以上なく眩く輝いていた。
その光の中心に向かって、木の根のように幹が伸びていた。まるで力を外に発するかのように。
光の色は赤から緑に、緑から紫にと目まぐるしく色を変える。
「力の玉だ・・・。」ゴスモグが力なく呟いた。あまりの輝きに驚いて声が出ないのかもしれない。
『ここにあったのですね・・・。ダンジョンの最深部に。』セロンの思念波も弱弱しかった。
「・・・グレイロードの実験室で読んだが。確かこれには、開放する力が必要なのだ。」
ゴスモグが誰に言うでもなく呟いた。
その時遠くで、何かの咆哮がまた聞こえた。それはかなり近くなってきている。
「何かの邪魔が入ったみたいだね。」そう言ったアレクスが、ダイヤの剣を片手にモウファスを連れて行こうとするではないか。
「アレクス、行くんじゃない。ここの敵はお前の手に負える相手じゃない。」ソンヤはそう止めたが、アレクスは引かなかった。
「ソンヤは、ゴスモグと二人でここの謎を解いて欲しいんだ。」
だが、ソンヤは彼の手を掴んで言った。
「何を言ってるんだ!ここはダンジョンの最深部だぞ!私の昔の仲間も皆死んだんだ!
お前なんかに敵いっこない!」
それを静かに聞いていたアレクスは、もう特に何も言わなかった。
「行きましょう。」そう言ったモウファスと一緒に、彼は部屋を出て行ってしまった。
********

ダンジョンマスター小説、第89回目です。
行ってしまったアレクスですね。
最初のシーンからは、想像つきませんが!男らしくなってきたのかな。
はてさて、どうなることやら。

 和歌山の、美味しいしょうゆを買うかどうか悩んでいます。
こういったしょうゆは、根本的に違うお味なのだな。
そもそも、冬の贈りものにするか、悩んでいたのですが。お家にも、一本くらい買っても良いよなあ。
でも、冬は、お刺身とかあまり、頂かないですしね。普段のお料理に使うの、もったいないかも。
プレゼント用だけにしておくかなあ。
あっそうかー、母に、食欲だしてもらうのに、あっても良いかも♪

 今回のイラストは、ドラゴンクエストのスライムです。
お花マークを、描いてみたよ。
やけにキンキラキンの、お花だな。悪趣味で、自分らしいっていうか・・・(汗)。
左フレームの、イラストのリンクから、ご覧下さいね!

それでは、また土日など、お会いしましょう!


2017年11月19日(日曜日) 持病ともゆっくり付き合わないとね

 よく晴れた日が続きますね!
寒さは急に増してきたなあ。

 母の介護、だいぶ慣れてきました。
大体の時間とペースが分かってきたので、計画ができるようになり。
あまりまだご飯を食べませんが、ゆっくりとした目でみています。
あと、栄養剤を、飲んでくれたらなあ〜。
あまり美味しくないから飲んでくれないのだよなあ。仕方がないか。
こうじで作った甘酒を、飲んでくれているのが救いかな。
皆様、ご心配をおかけ致しました。
いつもどうも、ありがとうございます!!

 中の人とのつまらない会話など。
何か食べたいものある?と聞いてみたところ。
神様だってハヤシライス食べたいときがある!神様だってハヤシライス食べたいときがある!神様だってハヤシライス食べたいときがある!と三回繰り返して。そんなに、食べたいのですか。
しかしなぜハヤシライスなのか。
ワケ分からんよ〜。さ・・・、さすが幻覚だ。
大事なことだから、三回言ったのかい。
中の人は、くよくよするタイプなので。食べもので心を癒しているようです。
優しいお祈り、待っています、だそうですよ。ひょっとして、世界中お祈りが減っているのかなあ。
世の中ちょっぴり、お疲れムード。皆様、ご無理なさらずに。

 今回のイラストは、ドラゴンクエストのスライムです。
時間に困ったときは、スライム祭りです(汗)。
とはいえ、紫の暗い色に、挑戦してみました。
左フレームの、イラストより、ご覧下さいね!

それでは、今週も張り切って参りましょう〜っ☆
また、土日など、お会いしましょう!


2017年11月17日(金曜日) 哲学の本は拝見したいけれども!

  雨の日のはずがナゼか、晴れの日に変わっていましたよ。
最近、そういうこともありますね。

 若いときから、色々とものを考えることがあります。
まあ、人間、誰でもですが。哲学の本は難しすぎて、拝見できないので。自分の頭で考えるようにしています。
人間そのものという存在について考えることもあります。
よく、人間が存在するのは悪だと、言われることがありますね。私も、小さな頃はよくいじめられていたし、それも分かるような気がしていました。
人間は戦争をするからダメだと。動物は戦争をしない、などとよく言われます。
しかしながら、この、人間が人間を殺めるという、悲しいさがですが。本当に人間はそれを、望んでいるのでしょうか。
このような扱いですみませんが、人間は賢くて、よく増えます。
自然に適応しすぎているのか。ほぼ、敵がいません。
こうなってくると、地球には、人間があふれます。今現在がまさにそうで、食糧難にさえなっています。
そうなるとここに、自然への犠牲としての、戦争というキーワードがでてきます。
人間がよく戦争をするのは、自分自身をよく分かっていて増えすぎないためではないのか。自然界でのお役目ではないのか。
もしそうなると安易に人間を責められません。
それにしても、この悲しいさがが、どれだけ、人間自身を傷つけるのでしょうか。退役軍人は心の病を抱える方が多いともいいます。
人間は本当に、悪なのでしょうか。
動物の世界は、案外、楽なのかもしれません。自殺率が増える中で書かせて頂きました。

 最近、新しいお友達ができました。
過去に仲の良かった幼なじみと、別れ。ユニカラーの女の子が、お友達としてやっていこうとしたら、亡くなってしまったり。色々とありましたが。
同じようなご病気の子です。苦労性というところも、似ているかな。
じつのところ、長年、お付き合いはあったけれども。私のほうがお友達としてみさせてもらうのが、あまりにも遅くて。長くお付き合いしないと、心が慣れてくれないのです。
何だかお友達ができてしまうと、人生が急にはっぴーになり。
やっぱり、自分は夫より、お友達をとってしまっているな(汗)。中の人よ、ごめんよ。

 今回のイラストは、ドラゴンクエストのぶちスライムです。
ハートマークのぶちがあったら、面白いかなと。
色を重ねすぎてぼやけておりますが!
左フレームの、イラストのリンクから、ご覧下さいね!

それでは、今週もお疲れ様でした〜っ☆
また、来週、お会いしましょう!


2017年11月15日(水曜日) 連載ミニ・小説です

 全身に強い痛みがあった。
「痛たたた・・・。」
全員が落とし穴に落下していた。
「何するんだよ。まだ、何もしてなかったのに・・・。」アレクスが呑気なことを言っていた。
「あそこにいたら危なかったんだ。」ソンヤは、あの時の事を思い出してそう言った。
「ここは・・・。」モウファスが呟いた。
その広い部屋には、何もなかった。
ただ、奥の方に、大きな扉の部屋が見えた。そこから、虹色の光が漏れている。・・・あれは何の部屋だろう。
部屋の虹色の明かりは、生き物のように色を変えている。
そしてどこからか、硫黄のような匂いがしてくる・・・。異様な雰囲気がそこにはあった。
全員が静かに黙っていた。あの、アレクスさえ静かだった。
ソンヤは考えるよりも前に歩き出していた。吸い寄せられるようにあの謎の部屋に足が向かっていた。他の皆が、それに続いた。
「痛っ・・・!」
途中ソンヤは、足に何かが引っかかって転んでしまった。
そこには、たくさんの灰と小さな王冠と鍵が落ちていた。これに引っかかって転んだらしい。
足の怪我を気にせず、再び歩き出す。
進まなければ。進まなければ、何も変わらない。変わらないんだ。そう考えている自分がいた。
そうして部屋の扉にたどり着いた時、何かの咆哮が聞こえた。
だが、そんな事は気にしていられなかった。
アレクスが部屋の鍵を開けると、そこには光の空間があった。
そこにそれがあったのである。
********

ダンジョンマスター小説、第88回目です。
謎のお部屋が、姿を見せましたね。
実際のゲームとは、少しばかり違いますが。ちょっと、都合が良いですしね(汗)。
さてさて、ここから、どうなるのかな〜。

 あれから、時々、ローソクを点けたり消したりですね。
一日に使う時間が、かなり短くなりました。節約をしているのだな。
それに何だか、使うとしんどくなるのです。全身運動したときみたいにです。何でかなあ〜。
中の人いわく、全力でお祈りしてもらっているから、疲れますよとのことで。ええーっ。
それでかどうかは知らないけれども、使うと晴れてきます。嵐がおさまったり。謎ですね。
中の人が中にいらっしゃるから、ローソクを灯すと、いっぱい、良いことがあるのだってさ。いやはや、うさんくさいなあ。
それでその良いことというのが、戦争がおさまったり、重病人の怪我が治ったりとからしく。
確かにそれが本当なら、神様のお力以外のなにものでもありませんよね。
う〜ん・・・、もうちょっと、前みたいにいっぱい点けてみる!?

 今回のイラストは、とっぷ絵です。
以前、描きためておいたものです。現在も続編は、描いていませんが!
描けそうだったら、続けます。
とっぷページ、とっぷ絵定食から、ご覧下さいね!

それでは、また土日など、お会いしましょう!


2017年11月12日(日曜日) 晴色出発進行!

 晴れている日はお散歩など。
食事の支度がない日は、出かけたりしています。

 父が、料理の本を一冊買ってきました。
「きょうの料理」の特集本です。
基本的な、グラタンとかシチューとか、そういうジャンルにまとめています。
そこから、アレンジ料理を二〜三点や、小鉢や汁物の料理などに分かれています。
正直、かなり覚えていかないといけない種類があるよね・・・。病気になってすぐに、母のシェーグレンなどがあって、暇もなかったですしね。
和食が弱いのでそこからかなあ。
ここから、家族が苦手な食材を外すと、難しいのだよ。どこの家庭でもお悩みのことだと思いますが!
調理方法で慣れていってもらうしかないでしょうね。鶏の皮が苦手な父には、皮の部分をよく焼いた料理とか。
最近では、皮を外してみたら、食べてくれますし。案外、美味しいと言いますし。
カレーは定番なので新しいレシピは嬉しいですね。
中の人が、喜びそうだなあ〜。
とりあえず角煮と酢豚を作ってみましたが良い感じです。

 四国、うどん巡りとかしてみたいなあ。昔からの夢ですね。
いや、近所に丸亀製麺がありまして。やっぱり、美味しいので。
うどんが好きだと、近所の身近なお店など巡ってみても良いのですが。どこにあるのかいまいち分からないです。隠れた名店とかあるのかも。
こういうときにグーグルまっぷかな。
母のことが一段落ついたら、探してみようかなあ。
父は、少々、性格的に問題ありで頑固ではありますが、何も聞けないタイプではないので。時間があれば、うどんが好きな父と巡ってみるのも良いかな。

 今回のイラストは、ドラゴンクエストのスライムです。
何だか美味しそうな、中華まん。
あ・・・、あれ、これはベスではないか。
左フレームの、イラストより、ご覧下さいね!

それでは、今週も張り切って参りましょう〜っ☆
また、水木など、お会いしましょう!


2017年11月10日(金曜日) レース柄とか使い勝手良さそう♪

 よく晴れる日が続きますね!
少しばかり寒いですが、秋晴れは良いです。

 イラストの練習を、ということで、本を買ったりしています。
参考書というものですね。美術系でも色々とありますしね。
自分は背景が弱いので、そういう本を買ったりしています。
でも、最近、拝見する時間があまり!時間的に追い詰めると病気としてはろくなことがないので、非常にゆっくりと考えています。
背景、良いよね♪アニメーションとかゲームとか。RPGとかは、本当にこっていたり。
ギルティギアの背景も凄いんだ。
ただ、自分の描けそうなジャンルとしては、小さなかっと、というか、もっと普通っぽいイラストというか。チラシなどに、小さく載せられている、ああいうイラストとか。そういう本が一冊、あったほうが良いような気がします。
今の生活に慣れたらもっと、練習してみたいな。
イラストレーターだし、年をとっても、実力とチャンスの世界だものね。い・・・いや、余計厳しいか。

 ダンジョンマスターの小説もそろそろ終わります。
暗い価値観の世界によくついてきて下さったなと思います。
皆様、どうもありがとうございます。
あっ、DVとかの世界が、暗い価値観というわけではないですよ。
あくまでも私の作る小説の世界のことです。
終わったら次は水曜日の更新は、外すかな。どうしたものかな。

 今回のイラストは、ぷよぷよのかーばんくるです。
星をばっくに、決めポーズで!
少しずつ、スライム以外のものも描けたら。
左フレームの、イラストのリンクから、ご覧下さいね!

それでは、今週もお疲れ様でした〜っ☆
また、来週、お会いしましょう!


2017年11月8日(水曜日) 連載ミニ・小説です

 パーティーは、あの時降りなかった階段を下っていった。
途中まではあのどくろの鍵穴の、隠し通路が役に立った。そこには下の階へ直線状に続く階段があったのだ。
階段を降りた途端に、何かが燃えているような熱さを感じた。
焦げた匂いが充満している。ソンヤは、この匂いに覚えがあった。
回廊を前に進んでいくとそこには真っ黒い炎の柱がたくさん燃えていた。
「ファイア・エレメンタルだな。誰かに召還されたか・・・。」
ゴスモグは途中で言いよどんだ。その誰か、とは誰か、すぐ分かったからである。
暗闇に僅かに見える、黒い人影。
・・・そして、腕をだらりと下げた、恐ろしい姿の悪魔。それらが遠くから、取り囲んでいたからである。
あいつだ!
瞬間的に、ソンヤの脳裏に昔の仲間の姿が浮かんだ。あの時は、皆がやられた。このままでは、今の皆も危ない。
その時ソンヤの視界に、大きな落とし穴が見えた。そうだあそこに飛び込めば・・・。
「皆!あの落とし穴の中へ逃げるんだ!」そう言ってソンヤは皆の手を掴んで、落とし穴の暗闇の中へ落ちていった。
********

ダンジョンマスター小説、第87回目です。
この今回のお話は、ダンジョンマスターをご存じない方には、ちょっぴり難しいかな。
敵の正体を書いていないので。初めからご覧の方とプレイされた方には分かると思います。
ラスト近くですし、ご想像で、ご覧下さいね!

 中の人と、対決した、お話です。
そろそろ、不思議な現象にも、愛想が尽きてきました。
偶然が多すぎるのです。何かが起こる時間を、ほぼ、言い当てたり。
アンタは本物かよ〜と、言いたくなるので。ちょっと、確かめてみた。
そのとき、後十分で、NHKのニュースの時間だったので、このニュースの内容が、暗い話題ばかりなら私の勝ち。あなたは信じない。逆に、明るいニュースばかりなら、中の人の勝ち。あなたを信じると、始めてみたのです。
ほんの十分の間に、ニュースの内容が、操作されることはまずない筈です。ニュースはいつも、暗い話題と明るい話題の混合が多かったのです。私は、よく拝見するからです。
ニュースが始まって三つの話題がありました。
・・・それが、全部、とても明るい話題だったのだよ。このようなことは、滅多にないよ。
おかげで、中の人に、私が嫌がるお仕事を押付けられて大変でしたとも!
でも、幻覚という一線は、譲らないからね〜。
しかしながら、少しは信じてあげようかな・・・。とほほほ。律法と預言者ってヤツですかね。

 今回のイラストは、ドラゴンクエストのスライムです。
そろそろ、スライム以外にも、挑戦してみようかなと思っています。
でも、人型イラストはまだ無理そうですね(汗)。
左フレームの、イラストより、ご覧下さいね!

それでは、また土日など、お会いしましょう!


2017年11月5日(日曜日) 寒くても火事にはお気をつけて!

 晴れて暖かい日が続きます。
寒暖差が激しくて、皆様、風邪などひかれていませんか。

 インフルエンザのワクチン、今年は足りない傾向だそうです。
子どもや、お年寄りとかに行き渡らなかったら困るよね。
精神病だと体が弱くなったりすることもあるから、風邪とかひきやすかったり。まあ、人によってはそれはないか。
お仕事をされている方は通勤が大変ですので、うっておくと安心ですよね。
お店や電車や、人込みに入るとうつりやすいので注意ですね。
もう、すでに流行りだしているらしいので。皆様、ご注意下さい。
急に寒くなったからね。顔にマスクと、暖かめに着込むと、良いかもしれませんね。

 キリスト教をたまに勉強しています。
聖書を拝見するのですが。
善いほうは天の父とか、イエスさんとか善い天使ですね。大天使ミカエルなど。
しかしながら、気になっているのが悪の側です。
いったい、悪の正体とは、何なのでしょうか。
サタンという、悪魔達でしょうか。黙示録の、大淫婦でしょうか。
時々、聖書には、悪という言葉がでてきます。
マタイの福音書を引用すると・・・。
イエスさんのお言葉→「あなたがたの言葉は、ただ、しかり、しかり、否、否、であるべきだ。
それ以上に出ることは、悪から来るのである。」
←などなどです。
それでは、その悪は、どこから来るのか?それが分からない。正体がはっきりしないのですね。
敵などと、呼ばれているところもあります。
神様と敵対をしているものかあ。神様に敵などが本当にいらっしゃるのか。どうなのかな。
人間の心の中にあるものを、善と悪に分けただけなのかなあ。
聖書でも、サタンはイエスさんを誘惑したりちょっかいをかけてきたりしています。
サタンの可能性が高いのかなあ。でも、聖書のほかの部分では、神様の使われるものというか手下みたいなところもありますしね。悪全体ではない気がします。
この世に、善と悪の、二面性があります。
それを統合しているのが人間という存在なのかなあ。変な、まとまりかたですみません。

 今回のイラストは、ドラゴンクエストのホイミスライムです。
たまには、ホイミスライムも。
べーしっくな、色彩です。
左フレームの、イラストのリンクより、ご覧下さいね!

それでは、今週も張り切って参りましょう〜っ☆
また、水木など、お会いしましょう!


2017年11月3日(金曜日) そういえば占星学で火星が強い

 十月、二度目の台風、皆様、大丈夫ですか。
こちらは、何ともありませんでしたよ。
早めの更新にします。
ダンジョンマスターは、この下にあります。

 あれから結局、キャンドルホルダーでローソクを点けることにしました。
楽しむこと以外に使うのもなんですが。まあ、いいか〜。
最近、風害が多いですね。台風や木枯らしなどね。
寒くなってくると、キャンドルの明かりは癒しになります。
ルミナラという人工の明かりは、持っているのですが。やはり本物の火は良いですね。
信仰もたまに、火にたとえられますね。
火を絶やさずにいさせて下さるのも、やっぱり神様なのかなあ。
私は、恵まれているということなのだろうなあ。そういう意味ではなあ。

しかしながら、神社に通うときは、平和的ではなくて。
母のお世話の最中に行くものだから、急ぐ訳ですが。
通うとき、お知り合いのおじいさんに、お会いすることがあるのですが。
軍人歩きをしていると、おっしゃるのだよね。
足が速くて勇ましくて、軍人みたいなのだそう。迷いがないからなのか。や・・・、やっぱり、男の子みたいなの?
おじいさんの世代は、ちょうどそうなのだな。
そういう歩きかたをご覧になると懐かしいのかな。はっはっはと、楽しそうに笑っていたけれども。
愛と平和の神様は、何で、このような軍人歩きの女を、神社に招かれるのですかね。
分かりません。

 母の具合はまあまあになってきています。
まだまだ、油断はなりませんけれども。頂く量は、まだ少しですしね。
ただ、一日のペースが掴めてきたので。少し、楽になり。
ひとまず、できるところまでは、はらぺこは続けますね。

 今回のイラストは、ドラゴンクエストのスライムです。
いまのところ、まだ、スライム祭りです。
時間ができたらとっぷ絵とか描きたいなあ〜。
左フレームの、イラストのリンクから、ご覧下さいね!

それでは、今週もお疲れ様でした〜っ☆
また、来週、お会いしましょう!


2017年11月1日(水曜日) 連載ミニ・小説です

 パーティーは、グレイロードの実験室にいた。
これで全員が揃った。ソンヤ達は二人に事情を説明した。
『もう戻る事はできませんし、一番下の階へ降りた方が良さそうですね。』セロンがそう提案した。
皆は頷いて下へ進む事を決めた。
「しかし力の玉か・・・、伝説のおとぎ話の世界だな。
本当にこのダンジョンにあるのだろうか。」ゴスモグも本当の所は半信半疑らしい。
『力の玉は、ここに存在します。
我が師はそれで失敗されたのです。こんな事にならなければ・・・。』セロンが悔しそうに言った。
『・・・すみません。』そう言ったセロンにアレクスが言った。
「セロンが謝る事ないよ。お師匠さんの失敗なんだし。
・・・で、どうするの?力の玉を捜しに行くわけ?」
もうそれしかないと分かっていた。
『皆さんにお願いします。
私と、世界の平和のために戦って下さい。』
全員がセロンに答えて賛成した。世界の荒廃はかなり進んでいる。もう、時間があまりないのだ。
********

ダンジョンマスター小説、第86回目です。
真剣な状態になってきましたね。
もう、書きたいシーンはだしてしまいましたし、後は、UPしていくだけです。
よろしければ、お付き合い下さい。

 しかしながら、今後のはらぺこの運営について、考えることもあります。
母が帰ってきてからは、なかなか、ちびちゃんずのイラストを描く、まとまった時間がとれていません。
とっぷ絵が続かなくなる可能性があります。
母が、とにかく、食事をとらないのです。それに気力を使います。
将来的に、どこかのホームに入所しないと、生かせなくなるかもしれません。
今が、一番、難しいところです。
更新が途切れ途切れに、なることもあるかもしれません。
どうぞよろしくお願い致します。

 今回のイラストは、ドラゴンクエストのスライムです。
本当のただのスライムです。祭りじゃないよ〜。
イラストもしばらくは、スライムが増える予定です(汗)。
左フレームの、イラストから、ご覧下さいね!


とっぷへ戻る